近藤亜樹「飛べ、こぶた」:シュウゴアーツ

complex666のシュウゴ・アーツに行ってきました。1987年生まれの若手アーティスト近藤亜樹の「飛べ、こぶた」開催中です。このアーティスト、初見だと思っていましたが、パークホテル東京Artist in Hotelで部屋に巨大なおたふくの顔を描いたアーティストなんですね。シュウゴアーツで個展を見てる時は繋がらなかったのですが、今はあぁそうかーと納得です。

シュウゴアーツ
シュウゴアーツ
シュウゴアーツ

 北海道に生まれ、東北芸術工科大学在学中に東日本大震災を体験し、その後東京に移住し、現在は小豆島に住んでいるアーティストの東京生活の集大成という展覧会。タイトルの「飛べ、こぶた」のこぶたは自身の事だそうです。

描かずにはいられない、まさに頭で考えて描くのではなく、生理で描くアーティスト。その描く欲求、みなぎるパワーがキャンバスから飛び出してしまっている作品も。

シュウゴアーツ

真夏にパワフルなアートを観たくなったら訪れてみてください。空調の効いた心地良いギャラリー空間の温度とは裏腹に熱い絵画が所狭しと並んで観客を待ち受けています。

シュウゴアーツ 近藤亜樹「飛べ、こぶた」

会期:7/21-8/26 

休廊:日月祝日 8/13-8/21 夏季休廊

時間:11時〜19時

コメントを残す