宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー

「海いろの部屋」という本が大好きだった。いや今でも大好きだ。何が好きって装丁と挿絵が大好きなのだ。決して絵本じゃなかったけど、誰が描いた絵なのか知らなかったけど、装丁や挿絵が大好きでページを開いた。なんどもなんども繰り返しページを開いた。この本が宇野亞喜良と私の最初の出会いだ。それから私はすっかり大人になった。大好きな本の装丁と挿絵が宇野亞喜良という画家の作品だということを今ではちゃんと知っている。そんな宇野亞喜良の展覧会が六本木ヒルズのA/Dギャラリーで開催中だ。行くしかない。

宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー
宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー

そこは、宇野亞喜良ワールドだった。「海いろの部屋」と出会ったときのように高揚した。展覧会のテーマは浦島太郎、長靴を履いた猫、不思議な国のアリス、蛙の王子様などの童話だ。耽美でメルヘンだけど、どこかクールで毒ぽい宇野の描く女性は本当に魅力的だ。

桃太郎
星の王子様
宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー
宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー

今回、はじめてみたのは立体作品だ。3Dになっても宇野ワールドは変わらない。

宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー
宇野亞喜良展「メルへニズム」:A/Dギャラリー

もうすぐ会期が終了する、宇野ワールドをこの目で確認できるのはあと数日!

宇野亞喜良展「メルへニズム」

A/Dギャラリー(六本木ヒルズアート&デザインストア内)

9月1日〜9月24日

12時〜20時


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。