おそばの甲賀と青柳:西麻布

西麻布交差点の三菱東京UFL銀行ATMの横の道を青山方向に入った道にひっそりと佇む「おそばの甲賀」ランチでよく利用している。

ランチはミニ天丼かミニ漬け丼とそばのセットで1300円。そばはかけそばかせいろのどちらかから選ぶ。私はそばは冷たい方が美味しいと思っているのでせいろしか食べた事がない。他にランチ限定で中華そば、要するにラーメン?を期間限定で出しているが、お隣の人が食べているのを眺めるだけで、自分でオーダーしたことは残念ながらない。

 漬け丼も天丼も非常に上品なサイズ。お蕎麦も同様。がっつり食べたい男性にはちょっと物足りないかもしれないが、女性にはちょうどいいのではないだろうか。

うにそばってのも今度チャレンジしようかと思っている。

 お昼どきは結構混むのでこんな注意書きも。子供に関してはこの辺りで乳児を連れてお蕎麦屋さんにくる人は少ないような気がするが、いるんでしょうね。

西麻布は夜の街のイメージだが、実は結構設計事務所やデザイン事務所が多いので、ランチの時はそういった関係の人の利用が多い。業界の噂話は小声でしないと誰が聞いているかわかりませんね。

おそばの甲賀の隣にあるのが西麻布で50年という老舗の和菓子屋「青柳」だ。この店はご夫婦で営まれていて、ご主人が和菓子職人で奥様が販売担当。最近は週2日の営業だったのでシャッターが閉じていても気にしていなかったが、とうとう閉店してしまった。シャッターにこんな張り紙があって気づいたのだ。

麩まんじゅうとか美味しかったのに残念だ。後継者がいなかったのだろうか。

西麻布交差点のすぐそばでお蕎麦屋さんと和菓子屋さんが並びであるのがよかったのだが、青柳の閉店は残念だ。おそばの甲賀には末永く続けていってもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。