ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン

東京ミッドタウン開業10周年記念イベントとして9/19-10/4まで開催される

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2017の偵察に行ってきた。移動式コンサとホールとはいえ300人収容の巨大なホールなのでだいぶ出来上がっているはずだと思ったからだ。案の定外観は完成していた。デカイ!

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン

すごい存在感だ。このホールの基本構想はイギリス在住のインド人アーティストのアニッシュ・カプーアである。日本では金沢21世紀美術館ファーレ立川などに作品がある。私はシカゴで通称ビーンズと呼ばれる巨大な銀の豆のようなクラウド・ゲートをミレニアムパークに見にいったが、巨大さはその比ではない。芝生広場に行く前のミッドタウンの店内からすでに存在感がすごいのだ。

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン

これがなんなのか知らない人は驚くであろう。知っていてもびっくりしたからだ。

どんどん近づいてみる。絶賛工事中だ。

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ:東京ミッドタウン

人の大きさと比較すると大きさがよくわかる。これがあるから今年の秋のミッドパークヨガはないのだと納得。

東京タワーも遠くに見える。心なしか小さくすら感じる。

このアークノヴァはそもそも東日本大震災の復興支援のために発案し、建築家の磯崎新氏とアニッシュ・カプーア氏によってデザインされた、高さ18m、幅30m、奥行36mの巨大な移動式コンサートホールだ。だから中に入って見学する際の入場料500円は東日本大震災の復興の為の寄付になる。

これは中も見なければなるまい。夜はライトアップされるそうだから夜も行ってみよう。

 

 

 

9/19(火)〜10/4(水) 東京ミッドタウン 芝生広場

 

<見学>

 

920日(水)~ 921日(木) 13001800

 

922日(金)~ 924日(日) 1300 2130

 

930日(土) 1300 2300

 

101日(日)13001530 17001800

 

101日は、15301700に「六本木アートナイト スペシャルプログラム」としてミニコンサートが開催され、開演中の入退場不可

 

*最終入場は閉館時刻の30分前

 

*当日受付のみ、荒天中止

 

入場料:500円(小学生以下無料)

 

*入場料はすべて東日本大震災の復興の為に寄付します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。