窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

スパイラルで始まったばかりのYKKap主催の窓学展に行ってきた。

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

目的は金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」でおなじみのレアンドロ・エルリッヒの作品だ。今回は展覧会タイトルにあるように「窓」がテーマなので、もちろん窓の作品だ。タイトルは見たまんま「窓と梯子」。それはスパイラルのメインの場所に展示されていた。螺旋状のスロープでぐるりと一周して見学できる。

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

初日の夜に訪れたらスパイラルカフェでトークショーを開催していて、原広司先生や作家本人が登壇していた。すごい偶然!

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

原広司先生の作品はこちら。絵本や物語に出てくる「窓」が出てくる文章を抜き出した作品。レアンドロ・エルリッヒの作品をぐるりと囲むように展示されている。

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

スパイラルの入り口に展示されているのがホンマタカシの作品。作家が感銘を受けたル・コルビジェのラ・トゥーレット修道院の窓辺を実寸大の模型で再現し、そこに窓写真を展示。修道院の窓から見た風景を撮ったカメラ・オブスキュラ作品も含まれる。

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル

鎌田友介の作品も鏡やガラスを使った窓の作品。

窓学展「窓から見える世界」:スパイラル
窓学展「窓から見える世界」:スパイラル



2017年9月28(木~10月9日 月・祝)

11:00-20:00 (会期中無休)入場無料

コメントを残す