Relight Project 「Counter Void」 宮島達男:六本木ヒルズけやき坂TV朝日

3.11から再点灯

リライトプロジェクトとは、東⽇本⼤震災の発⽣から7年⽬にあたる2018年3⽉11⽇ (⽇)から3⽉13⽇(⽕)までの3⽇間限定で六本⽊ヒルズけやき坂TV朝日に設置されている宮島達男の『Counter Void』(2003年/テレビ朝⽇所蔵作品)を再点灯する「Relight Days 2018」というプロジェクトです。

「Counter Void」

この作品は六本木ヒルズ開業の2003年に設置されました。「生と死」をテーマに制作した作品で、高さ3メートル20センチの数字6個が異なるスピードで9から1までカウントダウンします。

昼間は白い壁に白く輝く数字が表示され、夜は白く光る壁に黒い数字が表示される仕組みです。

2011年3月13日に消灯

そもそもこの作品は2003年に設置されてから東日本大震災が起きるまでは普通に点灯されていました。

しかし、2011年3月11日の東日本大震災の発生を受け、その2日後の13日に節電の意図と犠牲者への鎮魂の意を込めて、作家自らが作品を消灯することを決断しました。


5年ぶりの再点灯

それから5年後の2016年3月11日消灯したままの作品が3日間限定で再点灯されることになりました。

再点灯に向けては、NPO法人インビジブル(渋谷区)が東京都、アーツカウンシル東京ともに2015年4月に立ち上げた「Relight Project」が開催しています。

2018年最後の再点灯

再点灯は3月11日の14:46〜23:59、3月12日10:00〜23:59、3月13日10:00〜23:59の3日間です。

2016年から続いたこのプロジェクトも今年が最後ということで、点灯の瞬間に立ち会うべく3月11日の14:46に向けて六本木ヒルズへ行ってきました。

前日もこの作品の前を通りましたが、特に告知があるわけでもなく、本当に点灯するのだろうかと少々不安に思いつつ出かけてみると、人が集まっていました。

宮島達男さん本人もいらしてました。


いよいよ点灯

14:46は真昼間ですから、点灯の瞬間は思っていたよりは地味でした。

点灯の瞬間を捉えた映像です。

久しぶりにみるこの作品大きいですね。いつもは無機質なただの壁ですが、数字が点灯されるだけで意味合いが全然違ってきます。


夜の「Counter Void」

この作品の真骨頂はやはり夜です。

近所なのをいいことに3月11日の消灯に立ち会うべく夜も行ってきました。

行き交う人のシルエットでさえ作品となるような変わらぬ美しい姿をみせてくれます。


3.11の夜

23:59に消灯されるということで、その時間は作品前にてスタンバッていました。

点灯の際のような人は全くいませんでした。日曜の夜なので人通りもほとんとありません。

ネガポジ反転

23:58になったらネガポジが反転しました。暗がりに真っ白な数字が浮かび上がり、より数字のカウントダウンが強調されます。


消灯の瞬間

23:59きっかりに消灯されると思い、20秒前になったら動画を取るつもりで構えた瞬間

目の前が真っ暗に。なんと30秒前に消灯されてしまったのです。

どうやら秒単位まで正確ではないようです。

せっかく夜中に出かけて行ったのに残念です。


点灯パターン

昼間の数字黒、昼間の数字白、夜の数字黒、夜の数字白の4種類です。

どのようにこれらが出てくるかは決まりはなく、作家もわからないそうです。


最後のRelight Project

このプロジェクトは、東⽇本⼤震災の記憶を⾵化させず、⽣きることに向き合う機会をつくるため、「生と死」をテーマに作成されたこの作品の再点灯を開催してきました。

しかし、東⽇本⼤震災から7年が経過し社会の状況が変化する中、新たな形でこのテーマに向き合う必要があると考え、3回⽬となる今回を最後に「Relight Days」 の開催終了されることになりました。

ということでこの作品が見られるのは本日が最後です。

次の機会があるのかないのかわかりませんが、しばらくみることができないのはたしk



会期:平成30年3月11日(日)~3月13日(火)

時間:11日(14:46〜23:59)、12日(10:00〜23:59)、13日(10:00〜23:59)

会場:六本木ヒルズけやき坂『Counter Void』前(東京都港区六本木6‐9)




コメントを残す