束芋「透明な歪み」:ポーラミュージアムアネックス

銀座のポーラミュージアムアネックスで開催されている束芋「透明な歪み」を観に行って来ました。
ですが、実は会場内は撮影禁止なのです。これは1Fのウインドウの様子です。▼

 エレベーターホールからの眺め。この入り口の部分だけ撮影可能です▼
 中は主に3つのコーナーに別れています。
入ってすぐは油彩と照明と家具などのインスタレーションです。

 そして、奥で映像作品がループで流れています。1回り10分くらいなので割と楽に観れます。そしてもう一つ映像作品が入ってすぐの部屋を出て左側の細長い通路の奥で上映されています。こちらの作品は見逃しやすいので要注意です。作品が見逃しやすいというより入り口がわかりにくいかもしれません。

 1Fのウインドウの様子です。
このような昼光色の電球が展覧会でも効果的に使われています。▼
 このグリットの部屋は今回の映像作品でも出て来ます。▼

入ってすぐのラグの上にも油彩が床置きされています。私が訪問した際その作品を踏みそうになった方がいましたので、足元注意です。
油彩、電球、家具などのインスタレーションと映像作品が2点です。

POLA MUSEUM ANEX
束芋「透明な歪み」

2019年4/26-6/2 会期中無休
11:00−20:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。