CHOCO MINT CONDITION 宮澤謙一 CALM & PUNK GALLERY

西麻布にある現代美術のギャラリーCALM & PUNK GALLERYに行ってきました。
六本木にはピラミデビルのギャラリーやcomplex665などがあるので現代美術のギャラリーが続々集まっていますが、実は西麻布に現代美術のギャラリーがあるのです。
すでに交差点のSNOW CONTEMPORARYは何度かこのブログでも書いていますが、今回は西麻布の交差点から少し青山墓地よりのギャラリーレポートです。

現在、CHOCO MINT CONDITION Kenichi Miyazawa Solo Showを開催しています。宮澤謙一は杉山純と共にmagmaというユニットで活動をしています。
今回は宮澤謙一としての個展となります。

展覧会タイトルに含まれる「mint-condition」とは、ビンテージ品の状態を示す言葉で「新品同様・未開封」などの意味を持ちます。

新品、未開封とは真逆な姿をした 平面作品と立体作品が出品されています。▼
 花瓶のようなものはよく見るとキャラクターですね▼

膨大な量の消費され続けるモノやコトを作家の視点で再構築して作品化しています▼

 胴体に巨大な穴を有する人形が並んでいます▼

おもちゃメーカー「loop」とのコラボレーションによるスペシャルカラーのソフビ作品 30体を限定販売中です。▼

奥の小部屋にはソフビが列をなしています。▼

片足の靴は脱げていますね。どこか、滑稽で間抜けな感じが愛らしい。▼

自身のアーティストユニットmagmaでは、ゆずや木村カエラをはじめとするミュージシャンのMVやステージセット制作を担当したり、富士急ハイランドやラゾーナ川崎プラザなどの所業施設の広告に作品を提供したりと精力的に活動しています。そんな宮澤謙一の個展は見逃せませんね。

ギャラリーの場所は西麻布の交差点から青山墓地方面へ外苑西通りを直進し、一つ目のローソンのある交差点のローソンの隣ビルを右折したところにあります。

ローソンの隣のガラス張りのビル1Fには天ぷら屋さんが入っているビルの角を右折します。▼

右折すると前方にレンガの建物が見えてきます。その建物の後方に入り口があります。▼

 ここまでくるとギャラリーの表札が見えてきます▼
 この奥の白い建物の1Fです。▼
 階段を登ると入り口があります▼
 このガラス窓に展覧会の案内が掲示されています▼
 扉を開ければもうそこはギャラリーです。▼

CALM & PUNK GALLERY

CHOCO MINT CONDITION 
Kenichi Miyazawa Solo Show
2019.06.22. – 07.07
12:00−19:00 日月祝休(7/1(日)は開廊)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。