隈研吾建築巡りin栃木

那須へ出かけたので周辺にある建築巡りをしてきました。なんと全て隈研吾設計です。最近はどこへ行っても隈研吾建築に会いますね。

まずはストーンプラザ石の美術館です。

 石の美術館ですからもちろん石です。手前の蔵は元からのもの。▼
 水盤と石と空が綺麗です。▼
 思っていたより小さいです。(あくまで個人の感想です)▼
 アイビーと石が素敵でした▼
 パターンで詰め上げられた石の壁▼
次はストーンプラザのすぐ近くにある那須町那須歴史探訪館です。
本当は入場料200円ですが、天皇即位記念ということで無料でした▼
 黒を基調とした外観です。▼
 蔵を再利用しています。▼
 裏の山の木は桜なので春はすごいことになります▼

 

 なぜか二宮金次郎?▼
 地場産品の芦野石、藁左官、烏山和紙を使った内装です▼

 

 

 家具もデザインされてます▼

 

どんどんいきます。次は馬頭広重美術館です。
 ルーバールーバールーバー!▼
 隈建築の特徴のルーバーだらけです▼

実は時間が間に合わず到着したら閉館してましたが、帰って人がいないのでよかったかも

 というわけで美術館館内には入ってません。▼

 

 だいたい見学することができたので満足しています。▼

 

 

 

 

それでは、最後に宝積寺駅へいきましょう。駅前の広場にも隈建築があります。
駅に到着したらすっかり日が落ちてしまいました。▼
 実はここは以前にも訪ねており、その時は昼間だったので、
今回は夜の雰囲気を見れてよかったかもしれません▼
 階段の天井の木の造作がすごいです。▼

 

 改札口からその中まで続きます。ホームへ降りる階段の天井も同じ造作のようです。▼
こちらはちょっ蔵広場です。
 大谷石をふんだんに使った建物です。
ホールもあってそこでコンサートなどが開かれます。

 

 

 

石の美術館と那須町那須歴探訪館は車で5分の近さです。
馬頭広重美術館から宝積寺駅までは車で40分くらいかかりました。
何れにしても全部ごごに回りましたので1日あれば余裕です。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。