コンテンツへスキップ

富山の旅その1:SAYSFARM


記事の評価

富山県は氷見市にあるSAYS FARMへ初訪問してきました。
台風の影響によるフェーン現象で暑いのなんのって。酷暑の中の訪問でした。

氷見市の山の上にあるレストラン&ワイナリーでショップやギャラリー、宿泊施設も併設しています。
レストランの手前にはテラスもあってここでもレストランとは別メニューが頂けます。
しかし、この日は暑すぎて、ちょっと屋外は無理でした。
 レストランは完全予約制の11時〜と13時〜の2部制です。
富山駅に新幹線で朝到着してレンタカーで向かいました。

駐車場はレストランの横と前にあります。時間に遅れそうな時は連絡をするようにと書いてあったので、少し遅れる旨事前に電話をして、11時10分ころ到着しました。
すでにほとんどのテーブル席は埋まっている状態でした。

 

 レストラン入り口にはぼんやりと温かい明かりが▼

 

向かって左側がレストラン、右側がショップ、ショップの奥にギャラリースペースがあります。宿泊施設はレストランの右隣の別棟にあります。

 レストランの様子。窓が大きく開放的な空間です。▼
 可愛いこのイラストの裏側がメニューになっています▼
 今日のランチコースはこんな感じ
予約の際にメインを魚か肉かあるいは両方か選択します。
肉の場合は+1200円で氷見牛にグレードアップできます。
こちらは魚メインのメニュー 2600円▼
 肉メインのメニュー 3600円▼
ドリンクだけは別メニュー▼
 私たちの後に1組遅れてやってきて、ようやく全員揃ったところで最初の皿が出てきます。一斉にスタートするので時間は遅れないように到着したいですね。
ドリンクは自家製ジンジャーエール
割と辛めです。▼
 こちらはネクター要するに桃ジュース。
かなり濃厚なタイプ▼
 最初の一皿はとうもろこしのジュレ
メインが肉の場合はアランチーニがつきます▼
 トウモロコシの甘みが美味しい前菜でした▼
 そして二皿目は前菜の盛り合わせですね
中央にキッシュ、富山ポークのパテや氷見シイラ、氷見鯵、パンツァネッラ
などなど地元の食材を使った目にも美味しい一皿でした。▼
 パンは可愛い紙袋で出されます▼
 魚のコースのメインは氷見鰆です。皿も可愛いし、見せ方がセンスいい!
そして、さらにとっても美味しかった!▼

 

 肉コースは富山ポークの炭火焼
こちらも野菜による演出が素敵ですね。
もちろん味もGOOD!▼
 余川米のリゾットです。
リゾットそのものも美味しいのですが、かかっているオリーブオイルが芳しく濃厚ですごく美味しかった!買って帰りたかったけど、富山旅は始まったばかり、瓶ものはちょっと無理なので断念しました。▼
 最後はデザートです。
農園ブルーベリーとムスティッカクッコ▼
 コーヒーは富山のkoffeによるオリジナルブレンド
このコーヒーがさっぱりしていて、暑い夏にあう味でした。▼
トイレや洗面にちょっとした飾りも可愛い▼
 こういう端々にセンスの良さが出ています▼
ドライフラワーってなんかおばさんぽいなと思っていたけど、見せ方なんですねー▼
レストランから見たテラス席▼
 遠くに富山湾が一望できる▼
 なんと羊ちゃんも飼われています▼

 

  葡萄畑と羊小屋と富山湾▼
とんでもなく暑すぎたのであまり長居はできませんでしたが、季節がよければ散歩したり、テラス席でジェラートをいただきながらぼーっとしたりして堪能できそう。
テラス席でのカフェ営業は必ずやってる訳でななさそうなので、事前にwebで確認していったほうが良いです。
レストランも完全予約制で席が空いていても食材の都合上、予約なしでは入れませんので注意です。
SAYS FARM
富山県氷見市余川字北山238

コメントを残す

こんな記事も