石川の旅その1:安藤忠雄 設計 西田幾多郎記念哲学館

石川県かほく市にある西田幾多郎記念哲学館へ行ってきました。
実はここはずっと前から行きたい行きたいと思っていた場所です。
今回念願の訪問となりました。

訪問した日は台風によるフェーン現象でとんでもない猛暑日でした。

駐車場から記念館へのアプローチは、
丘陵地の斜面を利用した広く長い階段庭園になっています。
この庭園階段が記念館の哲学的空間への期待を高めます。
 
広くて贅沢な階段庭園です。
都会ではここまで贅沢に空間利用することはできません。

 

中に入ると更に感動的な空間が広がります。
エントランスを入って左側に広がる円筒形の空間です。
ここは瞑想の空間「ホワイエ」です。
 
すり鉢上に吹き抜けが広がり、天窓からは陽の光が射し込みます。
神秘的な空間で思索にふけることができるのです。
まさに哲学的空間です。
 
設計の安藤忠雄が設定した建物のテーマは「考えること」。
そして、この記念館の核である「哲学」にとってもっとも大切なことも
「考えること」です。

 

この記念館には「考える」空間が随所に散りばめらています。
その中でも一番の肝となるのはこのホワイエです。
あー美しい。
わざわざ東京から訪問してよかった!

 

傾いた曲線のコンクリートが大きなガラスの天窓へと広がりながら向かっていく、
円に切られた青空が見える瞑想の空間です。
 
日本では浅草の金のアレが乗っかっているアサヒビール本社横の
スーパードライホールで有名な
フリップ・スタルクデザインの透明な椅子、
カルテルラ・マリーが映える本当に美しい瞑想空間です。
ジョセフ・アルバースの絵画のようです。▼
自然光が神々しい神がった空間▼
このミニマルさったら!▼
ずっと浸っていたい。
この瞑想空間はなんと入場無料で入れるのです。

 

 

最上階は展望ラウンジになっており、かほく市が一望できます。
しかもここも無料なんです。
のどかな景色を安藤建築から堪能できる。
なんて贅沢なんでしょう。
展望ラウンジからみた階段庭園▼
展示室へ向かう回廊▼
ここは有料ゾーンの「空の庭」です。▼
ジェームス・タレルを彷彿とさせる哲学的空間です
こちらは喫茶室テオリアです。▼
あまりにも暑くてソフトクリームを▼
安藤忠雄の解釈する哲学的空間の具現化ですね。
わざわざ行って本当によかった!

石川県西田幾多郎記念哲学館

石川県かほく市内日角
9:00~21:00 月曜休館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。