尾道旅 安藤忠雄 設計 尾道市立美術館

尾道のLOGに宿泊したので、更に上にある尾道市立美術館へ行ってきました。
ここの設計は安藤忠雄です。

建築の見学ももちろんですが、ちょうど「ここからむこうまで-広島から発信する現代アート特別展」という興味深い展覧会も開催されていたので、そちらも楽しみにしていました。

LOGから更に坂道や階段を登ってようやくたどり着いた美術館です。▼

ファサードはガラスで左右対称▼

 

 ちょうど中央にエントランスがあります▼

 

 

館内には、イームズやジョージ・ネルソン、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、エーロ・サーリネンなど、有名デザイナーによる定番の名作チェアが数多く置かれており、実際に座ることも出来ます。

 

安藤忠雄氏が設計した新館は、2つの展示室と周囲のガラスの回廊、そしてエントランスホールで構成されており、瓦葺き屋根の本館(1980年竣工)に隣接する形でつくられています。

その本館に絶景の展望室があります。▼

 

 しまなみ海道を一望する桜の名所、「千光寺公園」にあるのでこの絶景です▼
そして、ここは猫とガードマンとの攻防で有名になったので
ご存知の方もいるかもしれませんね。

 

ここからは展覧会の内容のご紹介です。
出品アーティストは広島や尾道に住み、あるいは関わりを持ちながら、
同時に世界と向き合い作品を制作している6組です。

 

柳幸典作品▼

 

 

 

小西紀行作品▼

 

二人組のアートユニット もうひとりの作品▼

 

 

 

小林正人▼

 

 岩崎貴宏作品▼

 

 

 小金沢健人▼

 

 

 

美術館からの帰り道しまなみ街道をのぞむ▼

 

尾道といえば猫です▼

 

閉館時間まで美術館にいたら帰り道に綺麗な夕焼けが▼

 

燃えるような空の色ですね▼

 

夕焼けと尾道の猫です▼

 

特別展「ここからむこうまで―広島から発信する現代アート」は会期終了しております。

尾道市立美術館

広島県尾道市西土堂町17-19千光寺公園内9:00−17:00 月曜休館

コメントを残す