葉山の山口蓬春記念館 設計 吉田五十八

神奈川県立近代美術館葉山館のすぐ近くにある日本画家山口蓬春の元自宅兼アトリエを美術館として運営している山口蓬春記念館に立ち寄りました。
私は神奈川県立近代美術館葉山館に行くとだいたいセットで立ち寄ります。

ここの真骨頂はこのアトリエです。
窓が大きくとても開放的。
設計は吉田五十八です。

 

新緑の季節もいいけど、なんとかギリギリ間に合った紅葉も本当に素敵。
ここなら一日中いられる。
本当に素敵なアトリエです。

 

窓際はサンルーム状態。
ここで一息入れていたのかのな。▼

 

アトリエ入り口▼

 

アトリエの作業台▼
アトリエは自宅の一番奥にあります。▼

 

庭の景色が創作意欲を掻き立てていたのでしょう。▼

 

冬の日差しが美しい▼

 

この写真は山口蓬春が実際にこのアトリエで捜索していたときの様子です。
窓の前に障子があったのですね。▼

 

同じようなアングルで撮影してみました。▼

 

この写真もアトリエの様子です。
中央が設計者の吉田五十八です。▼

 

紅葉のの季節なので紅葉の作品が展示されていました▼

 

この紅葉の作品は実は皇居にある作品の下絵でした▼

 

本物はこの展示作品の4倍のサイズです▼

 

皇居内にのこのような場所に設置されています。
多分、本物を見る機会は一生ないな▼

 

アトリエの外観の様子です▼

 

桟のデザインが美しい▼

 

ここは自宅でしたから他の部屋も見学することができます。▼
2階の和室。
山口蓬春がここで生活していた頃はもっと海が見えたかもしれませんね。
茶の間▼

 

 

茶の間を外から▼
桔梗の間▼

 

障子に移る影が綺麗です▼

 

アトリエの外観▼

 

吉田五十八設計の自宅兼アトリエに大江匡氏が改装をして記念館と生まれ変わりました
庭を散策することも可能です▼

 

 

 桔梗の間の外からの様子▼
隣に休憩所という新しい建物があります。
絵画教室を開いたりしているようです。▼

 

山口蓬春の映像などがみられます▼

 

2階の休憩室からの眺めです▼

 

セルフサービスでお茶が頂けます▼

 

いつ行っても誰もいませんが▼

 

定期的に展示内容も変更していますので何度もリピートしたいですね▼

 

夏の新緑と秋の紅葉は堪能したので、次は春と雪景色が見てみたいなぁ

山口蓬春記念館

神奈川県三浦郡葉山町一色232010:00−17:00 月曜休館入場料 600円 高校生以下無料 
神奈川県立近代美術館葉山、葉山しおさい公園と連携館割引100円

コメントを残す