北谷公園にオープンしたブルーボトルコーヒー渋谷カフェ

世界初

4/28渋谷の北谷公園にブルーボトルコーヒー渋谷カフェがオープンしました。ブルーボトルコーヒーが公園内に出店するのは世界初だそうです。スターバックスはこのブログでも紹介した富山環水公園世界一美しいスターバックスとしてすでに出店していますが、ブルーボトルは今までなかったのですね。

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ

北谷公園って小さくて特に取り立てて特徴のない普通の公園、というよりほとんど自転車置き場みたいになってましたよね。生まれ変わったなぁというのが第一印象です。▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ

北谷公園からKITAYA PARKへ▼

北谷公園 ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ

限定メニュー

朝の訪問だったのでランチには少し早かったけれど思わずフードメニューもオーダーしてしまいました。

これは渋谷カフェ限定メニューのワッフルプレートレモン&バターです。▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ ワッフルプレートレモン&バター

アイスカフェラテのオーツミルクにアメリカーノとオレンジカントリーケーキです。上部に見切れているタイルに注目!▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ オレンジカントリーケーキ

ドリンクメニューです▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ メニュー

フードメニューはこんな感じです。朝早かったのでデザートメニューはまだでした。ブリックチーズケーキが食べてみたい!▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ メニュー

イートイン

到着した時店の横に行列している人がいたので(と言っても10人くらい)ま、まさか!と思って一瞬ギョッとしましたが、それはグッズ購入の為の列でした。カフェ利用の場合、特に行列せずにすんなり入れてよかったー。

行列してまで購入したいグッズはHUMAN MADEとのコラボグッズでした。▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ コラボグッズ

デザイン

空間デザインはスキーマ建築計画ではなく「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」をデザインした芦沢啓治建築設計事務所が手掛けました。

内装のポイントのタイルは、デザイナーと共同でオリジナルの建材を手がけるイギリスの Dzekが、アムステルダムをベースにするプロダクトデザイン・スタジオFormafantasmaとコラボレーションで開発した、エトナ山の火山灰から作るタイルコレクション「ExCinere」です。1階のカウンターと2階の壁面などに印象的に使われています。

さらに、このタイルをイメージしたメニューが、朝の時間帯はまだ食べられないブリックチーズケーキなんです。ブリックチーズケーキの提供は13時からです。

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ 1Fカウンター

また、椅子はこのお店のためにデザインしたカリモク家具製です。家具だけでなくこのお店の看板やトレイもカリモクなんですって!芦沢啓治建築設計事務所は西麻布のkarimoku commons tokyoのデザインも手掛けているのでカリモクとは縁が深いんですね。

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ 2F

スツールもかわいい。床のテラゾーとマッチしています。▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ 1Fスツール

半屋外のこのスペースもこれからの季節は気持ちよさそう。この外装の木材は東京の木、多摩産材を使用しています。▼

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ 半屋外ピロティ

現在、非常事態宣言中なので遠方の方は解除され状況が好転してから訪問してください。

ブルーボトルコーヒー渋谷カフェ

東京都渋谷区神南 1-7-3  渋谷区立北谷公園内 MAP

8:00-22:00( ~5 /11 〜20:00)*変更の可能性あり

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。