GA galleryで「GA HOUSES PROJECT 2021」を

GA

北参道にあるGA galleryで開催されている「GA HOUSE PROJECT 2021」をみに行って来ました。

まずはGAってなに?ですが、二川幸夫さんという建築写真家が1970年に創設した建築専門の出版社で会社名はA.D.A.EDITA Tokyoです。

このコンクリート打放しの建築「GA gallery」を設計されたのは、建築家の鈴木恂です。調べてみると地上5階の高層部分が「FU Building」という名称で1972年に竣工し、1983年に「GA gallery」が増築されていることがわかります。
初期の高層部は半世紀経過しようとしている建築です。▼

GAでは「GA japan」という偶数月隔月刊発行の雑誌を中心に建築専門の書籍を発行・販売しています。GAはGlobal Architectureの略。

増築前はおそらくここがエントランスだっただろう場所です。現在は出入りできません。▼

北参道の本社ビルに増築された建築書籍専門のGA book shopと建築専門の展覧会を開催しているGA galleryです。ギャラリーもブックショップもここから入ります。▼

GA HOUSE

GAが出している建築の定期刊行物には、GA japanの他にGA DOCUMENTGA HOUSESGA ARCHITECTなどがあります。

GA JAPANの最新号です(GAブックショップでの撮影ではありません)▼

GA HOUSESの最新号です。展覧会図録でもあります。▼

今回の展覧会はこの中のGA HOUSESが開催している世界の住宅プロジェクト展です。この展覧会はGA HOUSESの誌面と連動しており、展覧会に出品されている物件は全て誌面でも見ることができます。

会場

残念ながらGA book shop含め建物の中は撮影禁止です。中の様子は是非、実際に足を運んでみてください。(コロナが落ち着いてから)

会場は2会場で構成されており世界中の45組の建築家(建築事務所)の45の最新住宅のプランの展覧会です。日本からは妹島和世、西沢立衛、隈研吾藤本壮介サポーズデザインオフィス堀部安嗣、若手では増田信吾+大坪克亘(二人のギャラリー間の展覧会の様子はこちら)、萬代基介など。海外からはOPA、SUTDIO MUMBAI/スタジオ・ムンバイSTUDIO TONTON/スタジオトントンなどが出品しています。出品一覧と会場見取り図はこちら

45の住宅物件のパネル展示に加えて、建築家からの言葉、模型、映像などを見ることができます。映像と模型は誌面では見ることができないので、特に熱心に鑑賞・観察しました。個人邸は基本的に見学することができないので、このような展覧会は貴重ですね。「GA HOUSES PROJECT」は毎年開催されています。

GA HOUSES PROJECT 2021

GA gallery

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-14 map

2021年3月20日(土)ー6月20日(日)12:00-18:00  会期中無休 *変更の可能性あり 入場料600円

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。