「紙の表現」by HATANO WATARU カール・ハンセン&サン

黒谷和紙

カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京で開催されている黒谷和紙作家ハタノワタル「紙の表現」を観に行って来ました。

ハタノワタル氏は黒谷和紙という和紙の中でも強くて破れにくく、長期保存にも適している和紙の作家です。

強靱な黒谷和紙は日常生活の中に欠かせないものとして、古くから提灯、和傘、障子、包装などに活用されてきました。

ハタノワタル 染め紙 美濃判 ▼

ハタノワタル 黒谷和紙

黒谷町

黒谷和紙は、京都府綾部市北部の黒谷町でつくられており、この地域は伝統技術を守る和紙の秘境と言われています。紙づくりの産地として800年も続いてきたのは、この地域の豊かで美しい水と冬の厳しい寒さなど紙づくりに適した環境だと言われています。もちろんハタノ氏もこの地域で活動されています。

また、黒谷町は京都に近いことから、京呉服に関連した値札、渋紙、たとう紙など、京都の伝統産業を支える存在でもあります。大正時代には政府から日本一強い紙として認められ、乾パンを入れる袋としても重用されたりもしました。1983年に京都府無形文化財に指定されました。

ハタノワタル 敷板 青▼

ハタノワタル 敷板

LOG

私がその存在を知ったのはスタジオ・ムンバイ設計の尾道のリノベーションホテルLOGでした。客室を和紙で覆ったと知って、すぐに汚れて真っ黒になってしまうのでは?と勝手に心配しましたが、実際にLOGに宿泊してその強靭な黒谷和紙の凄さを体感しました。もちろん、和紙そのままではなくコーティングされていますが、その柔らかな手触りと温もりに感動しました。それにLOGに宿泊するような人は汚したりするような行動はほぼしませんね。ああ、またLOGに行きたい。尾道LOGについてのブログは尾道旅スタジムンバイLOGその1尾道旅スタジムンバイLOGその2を参照ください。

家具

この展覧会は和紙とカール・ハンセン&サンの家具との競演が見所の一つです。デンマーク人デザイナー リッケ・フロストがデザインした新作ソファRF1903 SIDEWAYS SOFA やプレーベン・ファブリシャスとヨルゲン・カストホルムがデザインし1963年に発表されたFK63 BOOKCASE SYSTEMなどの家具と共に構成されています。

RF1903 SIDEWAYS SOFAとハタノワタル作品 右「青」、左「白」▼
RF1903 SIDEWAYS SOFA とハタノワタル作品
FK63 BOOKCASE SYSTEMとハタノワタル作品 右「積み重なったもの」、左「白」 ▼
FK63 BOOKCASE SYSTEMとハタノワタル作品
ソファバックの作品はタブローのようです。右「積み重なったもの」、左「積み重なったもの」▼
ハタノワタル「紙の表現」

下地に藁や砂などを使い重厚な作品を描くアンゼルム・キーファーのマチエールを彷彿とさせる重厚な作品です。

椅子は熟練した職人技によるペーパーコードで作られたハンス・J・ウェグナーCH25です。どちらも紙によるクラフトで、非常に堅牢であることが共通です。

CH25とハタノワタル作品 正面「積み重なったもの」、右「積み重なったもの」▼
ハタノワタル「紙の表現」
黒谷和紙の深く美しい色彩の箱と敷板▼
ハタノワタル「紙の表現」
初日に訪問したのでハタノ氏ご本人もお店にいらしてました。
一枚一枚手すきの和紙は深みがあって、とても温かいです。更にハタノ氏のつくり出す和紙は油彩画のような風情を併せ持っています。それは大学で油彩を勉強された影響もあるでしょう。私も同じ大学の卒業生として勝手に誇りに思っています。今後も黒谷和紙の伝統を守りつつ、新たな挑戦をし続けて欲しいです。

紙の表現 by HATANO WATARU

カール・ハンセン&ソンフラッグシップストア東京

2021.5/15-5.23  12:00-19:00   水休

渋谷区谷神宮前田2-5-10 青山アートワークス1 / 2F MAP

関連記事

“「紙の表現」by HATANO WATARU カール・ハンセン&サン” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。