IKEA ART EVENT 2021

IKEA

今年のIKEA ART EVENT2021の5組のアーティストによる商品が発表されました。過去のIKEA ART EVENT では、2019年は7組のクリエイターとIKEAがコラボレーションした限定ラグコレクションでした。この時のヴァージル・アブローデザインのラグは抽選販売になるほどの人気で、その後サイズ違いで再販されたりしました。

2018年は8名のコンテンポラリー・アーティストと伝統的なスウェーデンアートガラス職人のコラボレーションによるクリスタルガラスフィギュアの販売でした。

IKEA ART EVENT 2021

2021

今年もアーティストが何か同じ物をデザインするのかと思っていたのですが、嬉しい裏切りで、各アーティストが各々全く違うアイテムをデザインしています。

選ばれたアーティストはアメリカ人アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)、オランダを拠点に活動するサビーヌ・マルセリス(Sabine Marcelis)、ドイツのアーティスト兼イラストレーターのステファン・マルクス(Stefan Marx)、アートとデザインを融合した日用品を手掛けるヒューマン・シンス1982(Humans since 1982)そして、なんと!日本人では造形グループ ゲルチョップ(GELCHOP)が入っているのです!やった!ゲルチョップはファッションブランドsacaiの世界中の店舗の什器を手掛けています。

最初にこの情報を知った時はまだ日本では未発売でした。日本で発売になったのは4/28でオンラインでの販売は基本ありませんので、店舗に行ってゲットしてきました。

私が入手したダニエル・アーシャムとGELCHOPの商品についてレポートします。

ダニエルアーシャム

2018年にnanzukaで開催された「アーキテクチャー・アノマリーズ」とペロタン東京での「カラー・シャドウ」が記憶に新しいところです。この二つの展覧会は同時開催で、色覚異常であるダニエル・アーシャムは色のない真っ白な作品を制作してきましたが、色覚補正メガネをはじめとした医療の発達によりフルカラーの作品を発表できるようになり2018年に真っ白な作品をnanzukaでフルカラーの作品をペロタン東京で発表しました。

nanzukaの展覧会の様子▼

ペロタン東京での展覧会の様子▼

カラーの作品▼

その後2020年にもnanzukaとPARCOでポケモンとコラボした「Relics of Kanto Through Time」が開催されました。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのダニエル・アーシャムがIKEAと組んだらどんな物が?と期待していたらなんと!2018年にnanzukaとペロタン東京で観た時計の作品のミニバージョンだったのです。本物の作品は残念ながら購入できませんが、IKEA価格ならと早速入手しました。

飛ぶ鳥を落とす勢いのダニエルアーシャムの商品はまさに飛ぶ時計でした。

価格は3999円です。時計は右に引っ張ると外せるようになっており、時間を合わせたり、電池交換ができます。手前はGELCHOPの照明です。▼

IKEA ART EVENT 2021

GELCHOP

日本人としては3人組のユニットのGERCHOPのレンチ型の懐中電灯とデーブルランプが販売されました。webでみると新宿・渋谷・原宿とまだ在庫があるように出ていますが、大きい方のテーブルランプはすでに売り切れという情報です。IKEA GERCHOP

2000年から活動しているGELCHOPは2人が多摩美術大学出身です。彼らはハンドメイドで自分たちでなんでも作ってしまうのがすごいんです。さすがにIKEAの商品は手作りではありませんが、いつもちょっと笑っちゃうような物を世に送り出しています。

IKEA GERCHOP

ART EVENT 2021の商品は全て1人1個という制限がかけられていました。さすが人気ですね。

左の懐中電灯が2999円、右のテーブルランプが3999円です。懐中電灯はボタンを押すと光ります。購入時はどの商品も電池が入ってませんので要注意です。

来年のIKEA ART EVENT はどんなアーティストのどんな物が出るのか今から楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。