青山のオアシス 庭園が美しい 根津美術館

東武鉄道

根津美術館東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎が収集した日本・東洋の古美術品のコレクションを保存・展示するためにつくられた私立の美術館です。初代の遺志を継いだ二代根津嘉一郎が、1940年に財団を創立し、その翌年に根津美術館が開館しました。

東急電鉄の礎を築いた五島慶太のコレクションを保管展示している五島美術館と成り立ちが少し似た感じです。

竹を使った和モダンなアプローチ。ここを通ることで美術館への期待が最高潮に高まる効果があります。ここからすでに都内じゃない感満載なのです。▼

隈研吾設計 根津美術館

設計隈研吾

美術館はこれまでに戦災で消失したのちに再建し、幾度かの増改築を行ってきました。そして現館長・根津公一のもと、2006年より3年半をかけて、以前の新館を建物免震の収蔵庫に改築し、3つの倉庫と旧本館を取り壊し、新たな展示館(本館)を建設するなど大規模な工事を行いました。その設計は隈研吾によるものです。

本館

和風家屋のような大屋根が特徴の建物です。

「コンクリートの箱として閉じたミュージアムではなく、大きなガラスの開口によって庭と一体化した展示空間をつくり、庭と建築とアート作品とがひとつに融合した状態を作り出そうと考えた」と隈研吾氏が語っているように、大きなガラスの開口でエントランスロビーはすごく開放的で、庭側からも圧迫感がありません。▼

隈研吾設計 根津美術館

館内

上の写真のガラスの開口部を内部上階から撮影した写真。庭園の緑が目に眩しいくらいの開放感。

隈研吾設計 根津美術館

展示室内は撮影禁止なのでエントランスロビーの写真だけになりますが、ここだけでも十分この美術館の良さは伝わると思います。大屋根の傾斜がダイナミックなエントランスロビー空間。▼

隈研吾設計 根津美術館

NEZU CAFE

本館から少し庭側へ行った別棟にあるNEZU CAFE。ここはいつも大人気で混雑しています。美術館の入場料を支払わないと利用できません。天井は和紙で木漏れ日が透けて見える美しいデザイン。窓の緑が夏は青々と秋は見事な紅葉に変化し、四季折々の借景が楽しめる本当に気持ちの良い大人のカフェです。▼

隈研吾設計 根津美術館 NEZU CAFE

通常はランチメニューもやっていて、パスタなどを食べることができましたが、コロナになってからは食事のメニューがなくなりました。現在は2021年5月末まで臨時休館のためこのカフェもお休みです。早く新緑を眺めながらのひとときを過ごしたいです。

隈研吾設計 根津美術館 NEZU CAFE

庭園

この美術館の最大の魅力は素晴らしいコレクション、借景の美しいカフェだけでなく、なんと言っても庭園です。ここ青山なの?と疑いたくなるような景色が広がります。

GWはいつも庭園の燕子花が美しく咲き、その時期に合わせて美術館では尾形光琳(1657~1716)の国宝「燕子花図屏風」を展示するというのがこの美術館の毎年の恒例行事です。今年は昨年に続きコロナで臨時休館になってしまったので、ほとんど人の目にも触れられることなく、終了してしまいました。

隈研吾設計 根津美術館 庭園

5月の燕子花の時期の次に紅葉の季節が美しいです。もちろん、四季折々の美しさがあるので、いつ行っても素晴らしい庭園であることには違いありません。コロナになってからは減ってしまいましたが、海外からの観光客もたくさん来訪する庭園です。

隈研吾設計根津美術館 庭園

 

来年こそは国宝「燕子花図屏風」と庭園に咲く燕子花を鑑賞できることを願って止みません。

*2021年5月末まで臨時休館中

根津美術館

東京都港区南青山6丁目5−1 MAP

10:00-17:00 月休

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。