恵比寿ギャラリー巡り 2021.06.05

6月の初旬に私がまわった恵比寿界隈のギャラリー情報です。

 

<NADiff a/p/a/r/t>

渋谷区恵比寿1丁目18−4 NADiff A/P/A/R/T   MAP

NADiff A/P/A/R/Tには5つのギャラリーがあります。現在、2FのPeopleは休業中なので、それ以外の4つのギャラリーのレポートです。5つのうち地下と1FのギャラリーはNADiffが運営しています。

NADiff a/p/a/r/tに来たことのある人ならご存知のバンクシー?!▼

NADiff a/p/a/r/t

●B1  NADiff gallery

Before 1968 DAIDO MORIYAMA’s works from magazines

森山大道の展覧会が前期、後期に分けて開催中です。こちらの情報についてはこのブログの記事を参照ください。

NADiff gallery Before 1968 DAIDO MORIYAMA’s works from magazines

●1F  NADiff Window Gallery vol.69

小林亮平、小林紗織 「お腹まで2時間35分」

アーティスト小林紗織と音楽家の小林亮平による二人展です。
NADiff Window Gallery vol.69 小林亮平、小林紗織 「お腹まで2時間35分」

●2F  スクールデレック芸術社会学研究所

森万里子 古事記―はじまりのとき」展

2020.5/21-8/8 金・土・日12:00-18:00     月休(火・水・木 事前予約制)

この展覧会の詳細についてはこのブログの記事を参照ください。

スクールデレック芸術社会学研究所 「森万里子 古事記―はじまりのとき」展 

●3F  MEM

五島記念文化賞 美術新人賞研修帰国記念   谷原菜摘子展「紙の上のお城」

5月26日(水)-6月20日(日) 月休 13:00-19:00

谷原菜摘子が五島記念文化賞美術新人賞を受賞しフランスへ1年間研修滞在した成果報告展として、上野の森美術館ギャラリーとMEMの二会場で開催している展覧会です。上野の森美術館の展覧会は終了しました。

MEM 五島記念文化賞 美術新人賞研修帰国記念   谷原菜摘子展「紙の上のお城」 MEM 五島記念文化賞 美術新人賞研修帰国記念   谷原菜摘子展「紙の上のお城」

ma2 gallery

渋谷区恵比寿3-3−8    MAP

川内倫子 Rinko Kawauchi 「Under the same sky
2021.6.1 (火) – 7.3 (土)   13:00-18:00
2020年4月コロナ禍の中、作家が自宅の近所で見つけたツバメの巣、そこで行われていたツバメの子育てを撮影した写真の展覧会です。パンデミックで制約を余儀なくされ、先行きの見えない日々を過ごしている中で真摯な生命の営みに心を動かされました。

個人的には東京都写真美術館とセットで訪問することが多いギャラリーです。かといって写真の展覧会ばかり開催しているわけではなく、ただ場所が近いからという理由です。

ma2 gallery 川内倫子 Rinko Kawauchi 「Under the same sky」

ギャラリーから歩いて帰る途中、毎年この時期に巣を作っている場所に立ち寄って実際の燕の子供たちを観察してから帰りました。

燕の巣

CAGE GAllery

都渋谷区恵比寿2丁目16−8  MAP

displacemen

ここはウィンドウだけのギャラリーです。現在は、日本の出版社Rondadeと中国のori studioによる「displacement」を開催中です。

CAGE GAllery

恵比寿には東京都写真美術館やNadiffがあるので定期的にまわるようにしています。代官山まで足をのばせば更に数軒のギャラリーを廻ることができます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。