「つながる美術館」展 – 長野県立美術館・東山魁夷館(その2)

長野県立美術館

長野県立美術館・東山魁夷館(その1)」に続き、オープニング企画である「つながる美術館」や他の展覧会と、「水辺テラス」と並ぶ見どころの一つ「風テラス」をレポートします。

訪問した日は天気も良く屋外の展示物やテラスなど堪能することができました。

また、平日なのに地元の方と思われる見学者が続々と詰めかけていて、この美術館への地元からの期待の高さを感じさせます。

▲後ろに見える美術館のガラスの外壁。

今のシーズンだと里山の緑が映えますね。

つながる美術館

2021年6月19日(土)から8月15日(日)まで開催中の「つながる美術館」。

▲長野県立美術館のリニューアルにあたり設計を担当したのが槇文彦事務所出身の宮崎浩。

「ランドスケープ・ミュージアム」というコンセプトと ”つなぐ” をサブテーマに実際の設計に落とし込むところまでの裏側を資料とともに見せているのが「長野県立美術館メイキング・ドキュメント つながる美術館 宮崎浩とランドスケープ・ミュージアム」 という長いタイトルの展覧会です。

タイトルが表しているように、まさにメイキングオブ な展覧会でした。

▲ポーズを決めているのが宮崎浩。

氏が代表を務めるプランツアソシエイツの代表作も同時に展示されています。

▲これは展示されていた美術館の模型です。

これと実際の現場を見比べてみると、建物自体は完成しているのですが周囲に広がる広場、噴水や通路などの外構は未完成なことが分かります。

美術館がその全容を現すのはもう少し先になりそうですね。

▲これは基本設計の模型。

これを見ると善光寺本堂、美術館の裏の神社まで含めて ”ランドスケープ” を練ったことが分かります。

これを頭に入れて屋上のテラスへ行くと狙ったことがよく分かると思います。

この写真以外にも興味深い資料や、展示パネルを使ったネタばらしなどもあり、建築好きだけでなく多くの人が楽しめる展覧会です。

8月15日まで期間もあるので、興味のある人はぜひ訪問、鑑賞してみてください。料金は無料です。

JAXAめぐりあい

もう一つ無料で鑑賞できたのが「JAXAめぐりあい」という展覧会。これも8月15日までの開催です。

▲JAXA(宇宙航空研究開発機構)が運用する観測衛星「だいち」(英語ではALOS(アロス))が撮影した長野県の画像と、様々な映像のコラボ展です。

撮影可能だったのはJAXA提供部分だけ。

でも、他にマヤ・デレンや山崎博の作品がしれっと上映されていたりします(撮影不可)。

ただ複数のスクリーンで順番に上映されていくので、そうした作品としての映像とJAXAの映像を含めると全部鑑賞するのに1時間かかります。時間的余裕を持って行ってください。

▲今回の地表画像を撮影したのは2006年に打ち上げられた初代の「だいち」。

2011年の大震災の際に現地の状況把握のために地表の画像を多数撮影するという最後の役目を果たしながら、その1ヶ月後に力尽きて運用終了となるという胸が熱くなるエピソードを持つ衛星です。

風テラス (屋上テラス)

「つながる美術館」を観てから屋上の「風テラス」へ。

▲屋上全面がテラス!

広大なテラスの善光寺側に白いベンチが点々と置かれています。

▲善光寺の本堂を真正面に見ます。

まさに善光寺と ”つながる” 美術館です。

▲後ろを振り返ると裏の神社の森が真正面に。

善光寺と鎮守の森(?)との間に入るように設計されていることが分かります。

▲これはその裏の神社から。風テラスから善光寺にかけて一直線に繋がっています。

▲裏の神社側の入り口からはこの風テラスに直接入ることができます。

善光寺側からだと美術館の1階、神社側からだと美術館の3階。

土地の傾斜を上手く使ったレイアウトです。

▲美術館の建物の庇は「佐久桧の大庇」といって、これも見どころの一つです。

奥行き6m、長さ36mの大きな庇はコンクリート製。そこに桧を貼ってルーバーにしています。

大工10名で1ヵ月かかったそうです。

▲この令和の大庇と善光寺の檜の茅葺き屋根と見比べて見るものいいですね。

▲「風テラス」の隣には「Shinano Art Cafe」というカフェがあってドリンクと簡単な軽食を食べられます。

これは長野名産の桃のジュースとKAWABAサンド(レタス、トマトとフレッシュチーズ)です。

天気のいい日に庇の下でコーヒーを飲んだり、テラスのベンチから善光寺を眺めたら気持ちいいでしょうね。

中規模な美術館ですがフロアごとに見どころがある美術館です。

コレクションは東山魁夷が多いみたいなので、これからのソフト面での充実に期待ですね。

美術館の開館は9時、閉館は17時。

ただしカフェは10時からです。

また休館日は水曜日です。都内の美術館とはちょっと違うので注意したいです。

谷口吉生の東山魁夷館 – 長野県立美術館・東山魁夷館(その3) に続きます。

長野県立美術館・東山魁夷館

長野県長野市箱清水1-4-4 MAP

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。