移転したNANZUKA UNDERGROUND モリマサト展

ニューギャラリーオープン

渋谷のNANZUKA UNDERGROUNDのメインスペースが昨年10月より市街地再開発によるビルの建て替えのためクローズしていました。今回神宮前三丁目に新たなメインスペースを移転し、2021年6/5にニューオープンしましたので早速行って来ました。

ギャラリーのロゴは所属アーティストの空山基のデザイン、そしてビルの外壁は中村哲也のペイントが施されています。

ロゴはすぐに分かったのですが、中村哲也のペインティングというのが、馴染みすぎてわかりにくいです。写真だとシミっぽく見える線がペインティングです。▼

NANZUKA UNDERGROUND

アップだと少しわかるでしょうか。中村哲也のサインがあります。▼

モリマサト展

柿落としの展覧会はモリマサト「Lonsdaleite Year」です。以前のギャラリーは地下でしたので、太陽光が入らないスペースでしたが、今度の場所は1Fと2Fで明るく開放的な空間です。2Fへはエレベーターで上がります。▼

モリマサト「Lonsdaleite Year」

モリマサトの展覧会は2016年以来です。1976年生まれのモリマサトは現在も徳島を拠点に制作活動をしています。巨大なペインティング作品と小さいドローイング作品と立体作品が展示されています。全て新作です。

モリマサト「Lonsdaleite Year」

ペインティングも立体もとても鮮やかな色彩です。▼

モリマサト「Lonsdaleite Year」

ここからエレベーターに乗って上階へ行きます。▼

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

NANZUKA UNDERGROUND 

2階は1階よりは少しコンパクトなスペースです。こちらにも1階同様ペインティングと立体と小さいドローイング作品が展示されています。▼

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

巨大なペインティング作品と立体はモチーフが同じです。まるで平面作品から飛び出てきたかのようですね。▼

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

作品のタイトルも同じです。▼

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

この作品も立体と平面のペアです。

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

ペインティングだけの作品もありますが、立体作品には必ずペアとなるペインティングがあります。

そして、この立体、実はブロンズ製なのでとても重いのです。カラフルな色彩に目がいってしまい、素材がブロンズであるとは思いませんでした。

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

東京都現代美術館で開催中のマークマンダース「マークマンダース の不在」 の作品も粘土で作った立体を型取り、実際はブロンズでできている作品が多いのですが、ぱっと見は粘土にしか見えません。

モリマサト作品も粘土で作った作品を型取りしたブロンズをペイントしています。まるで粘土のような柔らかそうなマチエールにすっかり騙されましたが、実際は激重のブロンズです。▼

NANZUKA UNDERGROUND モリマサト

帰りにギャラリーのニューオープンを記念して来場者にプレゼントしていると言ってもらったのがNANZUKA UNDERGROUNDロゴ入り消毒液でした。このご時世老若男女が使うものといえばこれですね。ありがとうございました。▼

NANZUKA UNDERGROUND

モリマサト「Lonsdaleite Year

NANZUKA UNDERGROUND
2021年6月5日 – 7月4日 月休 11:00-19:00
渋谷区神宮前3丁目30−10  MAP
関連記事

コメントを残す