PAVILION TOKYO 2021 草間彌生 オブリタレーションルーム

PAVILION TOKYO 2021

パビリオン・トウキョウ2021」とは、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」のひとつとして、
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会によって開催されるイベントです。

では、Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13って何?なんですが、オリンピック・パラリンピックが開催される東京を文化の面から盛り上げるため、国内外から公募の2,436件から選定した13の企画を「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」と総称し展開しています。その一つが「パビリオン・トウキョウ2021」です。

 

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13にはパビリオン・トウキョウの他にアーティスト目[me]の「まさゆめ」やすでに昨年終了したライゾマティクスのLight and Sound Installation “Coded Field”~光と音が織りなす都市と人々の饗宴~などがあります。

9のパビリオン

パビリオン・トウキョウでは9人のアーティストや建築家による9のパビリオンが国立競技場周辺の地域を中心に設置されています。

まず初日に草間彌生、藤森照信、藤本壮介、平田晃久、藤原哲平、会田誠、真鍋大度の7のパビリオンを回りました。妹島和世のパビリオンは浜離宮で少し離れているので後日。そして石上純也のパビリオンは公開遅延の為、公開日が決まり次第見にきたいと思います。

PAVILION TOKYO 2021 草間彌生 オブリタレーションルーム

草間彌生

草間彌生のパビリオンはオブリタレーションルームです。草間彌生のパビリオンは事前予約制で場所は渋谷区役所第二美竹分庁舎です。この庁舎内に真っ白の部屋が用意されています。

PAVILION TOKYO 2021 草間彌生 オブリタレーションルーム

まず、検温・消毒後受付を済ませます。靴を脱いで入るパビリオンなので自分の靴を入れる靴袋と丸シールをもらいます。

PAVILION TOKYO 2021 草間彌生 オブリタレーションルーム

中の様子は動画を参照ください。

初日の午前中に行ったのでまだまだ真っ白な部屋でした。この部屋の中の好きなところにもらった丸シールを貼っていきます。今日は初日なので、自分がどこにどのシールを貼ったのか、はっきりとわかる状況です。これがどんどん時間が経つにつれて丸シールで部屋が埋め尽くされていき、そこが部屋だったのかなんだったのか分からなくなっていきます。参加型のインスタレーションで、尚且つ時間の経過で変化するので何度も観に行きたくなる作品です。

PAVILION TOKYO 2021 草間彌生 オブリタレーションルーム

2017年に国立新美術館で開催された「我が永遠の魂」で草間彌生のオブリタレーションルームに参加した方も多いと思います。その時は会期後半に行ったので、すでに部屋のディティールは消滅し、ドットの世界すなわち草間彌生の世界が出来上がっていました。

こちらが国立新美術館のオブリタレーションルームです。パビリオン・トウキョウのオブリタレーションルームも最終的にはこんな感じになると思います。▼

国立新美術館 草間彌生 オブリタレーションルーム

現在、オオタファインアーツで草間彌生「私のかいたことばに あなたのナミダをながしてほしい」を7/31まで開催しているので合わせて鑑賞すると面白いと思います。

次回は PAVILION TOKYO 2021 藤森照信 茶室「五庵」です。

草間彌生 オブリタレーションルーム

渋谷区役所 第二美竹分庁舎
東京都渋谷区渋谷1-18-21 MAP
10:00〜18:00 ※要事前予約・1枠20分毎の入替制

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。