オンライン展覧会 香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

オンラインで開催されている香りのアート展「5 senses」の展覧会会場はあの内藤多仲らが設計したkudan houseです。

香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

香りを目で嗅ぐ「5 senses」

まず、この香りのアート展「5 Senses」いろいろな点で先進的な展覧会で、オンライン上の3D美術館で開催されている展覧会です。鑑賞者はPC あるいはスマートフォン上で3D美術館の作品を鑑賞します。

更に、この展覧会は画家や華道家、書道家など5人のアーティストが各々個別の香りをテーマに制作した作品が出品されています。

そもそもオンライン上では香りを嗅ぐことはできません。嗅ぐことのできない香りを感じながら、実際に訪問することのできない会場の作品を鑑賞するのです。

想像力をフル稼働してまさに感じる展覧会です。

これは8月にkudan houseを訪れた時の写真です▼香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

 

kudan house

オンライン美術館の会場は、国の登録有形文化財で内藤多仲らが設計した旧山口萬吉邸ことkudan houseです。

先日、「THE STILL POINT – まわる世界の静止点」とPAVILION TOKYO2021 で建築家 石上純也の「木陰雲」が開催された場所です。

3D美術館を見ると、当然THE STILL POINT – まわる世界の静止点の室内の作品は全て撤去されていますが、石上純也の「木陰雲」はまだ設置されたままなのがわかります。

今回作品が展示されているのがエントランスと1階、地下だけなので、残念ながらオンライン上とは言っても庭や2階には行けません。

とは言え、オンライン上で、あの空間をもう一度体験できるのは嬉しいです。行ったことのある人も行ったことのない人も、今ならいつでもどこにいてもkudan houseへ入れますよー。

これは8月にkudan houseを訪れた時の写真です▼香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

 

5つの香りと5人のアーティスト

アーティストと香りの組み合わせは以下です。各々アーティストはその香りを実際に体験して作品を制作していますが、鑑賞者はその香りを想像しながら作品を鑑賞、あるいは作品を鑑賞してその香りを想像します。

河村康輔(コラージュアーティスト/グラフィックデザイナー)=LOVING FIG 「誘惑」の香り

キム・ソンへ(シャンデリアアーティスト)=PURIFYING GINGER「神秘」の香り

中瀬萌(画家)=SWINGING PEAR 「陽射し」の香り

萩原亮大(華道家)=DREAMING GARDENIA「夢」の香り

万美(書道家)=INSPIRING KODO 「静寂」の香り

どうしても、実際に作品を観てみたい、香りを嗅いでみたいという方は有楽町のb8ta Tokyoで期間限定ポップアップ展示があるので行ってみましょう。

香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

 Creative set

今回縁あってアーティストとコラボレーションした5つの香りがセットになったミニスプレーボトルセットCreative setを展覧会を運営しているロート製薬さんから頂きました。香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

最初は香りを知らない状態でオンライン美術館を鑑賞、そして、2回目は実際に香りを嗅いでオンライン美術館鑑賞をしてみました。香りって目に見えない分、実はインパクトあるので面白い体験でした。

香りを目で嗅ぐ「5Senses」in kudan house

 

クリエィティブセットですが、5種類も香りがあると1つくらいは苦手な香りがありそうなものですが、さすが!ルームフレグランスだけあって、各々全く別の個性があるにもかかわらず、5つとも心地良かったのがびっくりしました。

あと、結構持続力があるのもポイント高いです。

展覧会基本情報

香りのアート展「5 Senses」Produced by BÉLAIR LAB ←3D美術館はここから

2021年9月21日〜11月30日終了予定

期間限定ポップアップ展示

b8ta Tokyo – Yurakucho

9月21日~10月7日 11:00 – 19:30

千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階 MAP

関連記事

コメントを残す