驚きと感動がてんこ盛り! INTERSECT BY LEXUS TOKYO その2

表参道に2013年8月にオープンしたLEXUSのブランド体験スペースINTERSECT BY LEXUS TOKYOについてその1の1階のカフェとイベントスペースのGARAGEに続いて、その2は2階のビストロ、そして地下の会員専用スペースをレポートします。


B1F

1FのカフェとGARAGEは、これまでにも度々訪れていましたが、実は地下と2F は初潜入です。まずは、地下から紹介します。地下は、一般には開放されておらず、会員の方のためのスペースだそうです。今回地下スペースを見学させてもらいました。

もちろん、地下のスペースも他の場所同様に片山正通デザインです。地下へ降りる階段の壁は、車の内装に使っている様々なマテリアルをパッチワークのように設えてあります。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

地下にどんなスペースがあるのか、高揚感が高まります。


圧巻の空間

地下は会員専用のスペースなのですが、秘密の洞窟バーのような空間でした。もう何から説明すればいいのやら、「すごい!」の大渋滞です。

まず、照明が暗いので写真ではわかりにくいのですが、天井は、木のパーツが上に行くに従って色が濃くなるグラデーションになっています。しかもパーツの並びはランダムなんです。これは職人さん泣かせなデザインですね。

正面には、アーティストによる、世界各地の有名な建造物が結集した絵が描かれています。地下テーブルにもカフェ同様にSPREADデザインのパーテーションが設置されています。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

ここで流れている音楽もテイトウワセレクトです。正面の黒い壁もレクサスのLを連続模様にしたデザインです。壁側のベンチシートはレクサスのシートに使用しているレザー製です。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

洞穴のようなバー。これは完全に大人の秘密基地ですね。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

床の模様もタイルでLをデザインしたもの。丁寧に案内してくださったスタッフの方の話では、ディスニーの隠れミッキーの如く、いろんなところにLEXUSのデザインが隠れているそうです。探すの楽しそうですね。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYOテーブルトップもレクサスで使われているマテリアルのカーボンです。▼INTERSECT BY LEXUS TOKYOこちらは、豊田章男社長用の特製山崎です。貴重なボトルの写真なのにブレブレ。▼INTERSECT BY LEXUS TOKYOこの洞穴のような遊び心あふれる空間は本当にワクワクしますね。イベントなどで、一般人でも入れることが今後あるといいなぁ。

1番驚いた空間

案内してくれたスタッフさんが、何やらふくみのある笑顔で、トイレも是非見て行ってくださいというので、何も考えずに扉を開けたらこれですよ!▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

鏡の壁にびっしりとミニカーが!!その数なんと1700台あまり。トヨタ車に限らず、ありとあらゆる車種が混ざっています。

トヨタの豊田章男社長は、トヨタ車だけなんて、そんなケチ臭いことは言わないですよね。しかし、一番驚いたのはこの空間ですね。遊び心ありすぎ!このトイレ、入ったきりしばらく出てこない人が続出とか。そうなりますよね。だって、ここに来る人って車好きばかりですから、そりゃ刺さる刺さる!

一台だけ豊田章男社長のサイン入りのミニカーがあるので、もしも行くことがあったら探してみてください。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

完全にアート作品ですよ。トイレに作品と言えば天王洲のMAKI Gallery のジョナス・ウッドのようです。

INTERSECT BY LEXUS TOKYOこの洞穴のような空間はワクワクしますね。イベントなどで、一般人でも入れることが今後あるかもしれません。


2F

地下の秘密空間だけではありません。まだまだスペースはあります。2階にはビストロとライブラリーラウンジがあります。この2階のスペースは1階同様誰でも利用することができます。2階へ向かう階段の壁には、レクサスのパーツがまるでレリーフ作品のように展示されています。親切丁寧に案内してくれたスタッフの方によると、これで車1台分のパーツというわけではないようです。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO


library

ライブラリーには、車関係だけでなく、アート関係、写真関係など様々な本があって誰でも自由に閲覧することができます。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

2Fのコロナ対策のパーテーションもSPREADデザインのものです。大理石を真ん中から半分に切断したテーブルトップがすごいです。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO


インテリア

家具はB&Bやカッシーナのもの。竹製のファサードのデザインがポイントとなっている空間です。

ヘリンボーン貼りのフローリングもLEXUSのLを意識してのものです。敷いてあったラグも同じようにL模様のオリジナルラグです。

椅子の横の荷物置きも本物のレザー製という贅沢。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

レクサスは匠の技とか、日本の伝統を大切にしているので、インテリアの素材にもかなりこだわっています。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

ビストロメニュー

こちらが1階と2階のランチメニューです。2階もびっくりするような値段ではありません。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

車を作るにあたってのいろいろな道具です。中央の円筒形のものはクレイモデルを制作するときのクレイです。1階のGARAGEに原寸大クレイモデルを展示したこともあったそうですよ。今後もまたみられる機会があるでしょうか。▼

INTERSECT BY LEXUS TOKYO

びっくり空間再び

2階のトイレもこの通りです。▼2階は天井に400台弱のミニカーがビッチリ並んでいます。ここにも豊田章男社長のサインがあるので探してみましょう。

INTERSECT BY LEXUS TOKYO


トヨタは「驚きと感動」コンセプトにしていると案内してくれたスタッフの方が教えてくれましたが、このスペースは十分に「驚きと感動」を与えてくれました。

今まで、カフェ利用しかしてませんでしたが、次は2階でランチしたいと思います。そして、必ずトイレに寄りたいと思います。

カフェとイベントスペースが充実 INTERSECT BY LEXUS TOKYO その1▼

カフェとイベントスペースが充実 INTERSECT BY LEXUS TOKYO その1

基本情報

INTERSECT BY LEXUS TOKYO/インターセクサスバイレクサス

1F CAFÉ SHOP & GARAGE 9:00-23:00 2F BISTRO LOUNGE 11:00-23:00(不定休)

年末年始 2021.12/29 〜2022.1/6 休

港区南青山4丁目21−26 MAP 

表参道駅A5出口徒歩約3分

関連記事

コメントを残す