3年限定!STUDIO DIG.が手がけた六本木 Kant.にあるCommon カフェ&ミュージックバーラウンジ

記事の評価

六本木通り沿いの俳優座の並びにある2022年5月に新しくオープンしたカフェ&ミュージックバーラウンジ commonに行ってきました。内装のデザインを手掛けたのはSTUDIO DIG.です。

築50年以上、3年後には六本木の再開発のため取り壊しの予定があるオフィスビルの1階を大規模リノベーションしたcommonのカフェ空間は、かっこいいだけでなく、マテリアル、家具、などあちこちに工夫が詰まっていて、まるで空間全体がカフェ機能のあるインスタレーション作品のようです。

もちろん、こだわりのコーヒーや美味しいフードもあります。夜はDJが届ける音楽を聴きながら過ごすミュージックバーになります。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

STUDIO DIG.

インテリアデザインを担当したのは、3人組のデザインユニットSTUDIO DIG.です。実はこの方々知らなかったのですが、調べてみたら事務所はかなりご近所さんのようです。

3年後には解体されてしまう状況にあるこのビルのストーリーも空間作りの重要な要素となっています。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

Story of Common

現在、Commonの入口スペースでインテリアデザインを担当したSTUDIO DIG.による「Story of Common」という展示が行われています。

このカフェは来るべき解体時にリユースできるような素材と施工方法でできています。

それは、ネガティブポイントとも思われる解体予定にあることを逆手にとって、解体を惜しむのではなく楽しみに思えるような仕組みなんだそうです。ポジティブでいい!

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

ブロックタイル

例えば、壁に使われているブロックタイルです。

「蛇籠」からヒント得て、接着せずに積んでいるだけなので、鉄線を外せば、すぐに取り出せる仕組みです。簡単にリユースできますね。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

これが実際の壁です。▼アートを飾るニッチの部分は残して、躯体の壁の前に積み上げて鉄線で止めています。

アートは芸大性・美大生の作品を定期的に掛け替えるそうです。アートに頼らなくても空間に主張があるのでなくてもいいくらいです。

ベンチの背もたれが木なのも面白い。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

カウンター

展示の中央に置いてある簾とその前にある紐でつなげてある木の丸棒に注目です。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

カウンターの腰壁には木の丸棒がビスや釘を使うことなく、簾の要領で紐でジョイントされています。ですから、紐を解けば丸棒は再利用が可能なわけです。すごい発想!▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

コーヒー豆

コーヒー豆をテラゾーのように入れ込んだマテリアルのサンプル▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

カフェ店内で使われている、コーヒー豆が混ざったマテリアルが使われているテーブル天板。

この天板は特に写真よりも実物の方が断然いいです。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

ベンチ部分はとっても細かい粒が入っています。

剥き出しの躯体の荒々しさに対して、このベンチの風合いとか色味がとても優しくて不思議な調和を生み出しています。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

DJブース

ミルフィーユのような断面のマテリアルに注目▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

合板の断面を見せたDJブース。地層のようですごく綺麗でした。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

3つのパーツが重なってできています。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

Wrap

こちらは京都で活動しているデザインファーム「NEW DOMANI」によるリユースをテーマにした展示▼

床置きしてある左からA:袋に入った廃材、B:石の上に置いてあるのが合板、C:NEW DOMANI制作の「Wrap 」は、各部材をロープで巻き付けてできた容器のようなもの。用途はそれぞれ後から考える▼ Wrapは購入可能です。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

ベンチにたくさん並んでいるのは、部材をロープで繋いだ「Wrap」の数々▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

3年限定カフェ

前述しましたが、解体が決まっているのでCommonは3年間限定のカフェです。

一見ネガティブに考えがちなそんな状況でさえも楽しみになるような仕掛けを考えて制作されたカフェ空間は至る所に工夫と創造性に溢れていて秀逸です。

大胆な開口が気持ちいいエントランス▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

テーブル席がある来訪者が寛ぐエリアの天井はスケルトン。それ以外の厨房エリアとエントランスには天井があってエリアが緩く仕切られています。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

厨房の上部から吊り下げられた棚も、カウンターの腰壁同様に丸棒を紐でつなげたものです。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

階段式の席も人気が出そう。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

ハイスツールの中央テーブル席は簡便に移動できるようにキャスター付き。きっとイベント時などはテーブルを移動させるのでしょう。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

話が弾みそうな階段の席、換気のために開いている窓のその先には麻布警察です。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

DJブースに近いのでミュージックバーとしては特等席?

アアルトのスツールがあっています。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

メニュー

こちらホットカフェラテ(600円)とビーツのスパイスケーキ(600円)

お皿はLA在住の日本人作家のもの。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

台湾風ベーコンパイ(750円)と本日のコーヒー(450円)。コーヒーは長崎の「KARIOMONS」です。

生クリームのようなのはクリームチーズです。これ、ベーコンというより焼豚って感じだったけれど美味しかった。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

Kant.

実はCommon、カフェスペースだけではないのです。

1971年竣工の地下1階、地上8階建てのビルを大規模リノベーションし“すこやかに働くための場所”として5月にオープンしたシェアオフィスとコワーキングスペースが融合したような「Kant.」の1階にあるのがCommonです。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

Kant.エントランスにあるサインは、タペストリー形式▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

Kant.の2階3階はwork loungeで、学生でも使用できるスペースになっています。(要入会)

Kant.及びcommonを運営するのは、ローカルラウンジ・ホテル・オフィスと、異なる領域で経験を積んだ株式会社The Youth、株式会社Noum、株式会社ヒトカラメディアの3社です。これは面白くなりそうな予感しかしないコラボレーションです。

Kant.のエントランスの壁面は円形タイル、ブリックの階段にコルクの椅子、天井は木です。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

なんとレンタルサイクルもあります。

コルクの椅子は階段に合うようにカットされているので、このレイアウトも計算済み。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

エレベーターホールも円筒形のタイル。▼

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common

スポンサーリンク

たった3年でなくなってしまうには勿体無い空間ですが、期間限定だからこそのコンセプトがとても面白く、今後の動向に期待大です。

あっという間に拡散されてすごい人気が出そうですね。

Kant.にあるカフェ&ミュージックバーラウンジ Common六本木通りに面しているのでわかりやすく便利なので、六本木近辺に在住在勤の方々ならヘビーユーズしたい場所です。

基本情報

Common

8:00-23:00

Kant.

・2F 平日8:00-21:00  週末9:00-18:00  ・3F  24H

東京都港区六本木4丁目8−5 和幸ビル  MAP

アクセス:六本木駅6番出口徒歩1分

スポンサーリンク

コメントを残す