六本木ギャラリー巡り22.07.09 安藤忠雄、ライアン・ガンダー、植田正治、飯沼英樹、笹本晃、蜷川実花、家具などなど

記事の評価

私が、2022.7月にcomplex665、ピラミデ、AXIS、六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなど六本木界隈のギャラリーを実際に見てまわった情報です。(2022.7.20追記)

最後に西麻布のギャラリーと東麻布のギャラリー情報をひとつづづおまけででつけてみました。時間があったら西麻布と東麻布も是非!

スポンサーリンク

amanaTIGP

安藤忠雄 「時をつなぐ建築」

2022年7月9日(土) − 8月13日(土)   日月祝休

12:00 〜 18:00

入場無料

港区六本木5丁目17−1 2F MAP

AXIS/アクシスに写真専門のギャラリー、タカイシイギャラリーフォトグラフィー/フィルムがオープンしたのが2011年。その後、タカイシイギャラリーとアマナは2013年に写真作品の売買、写真集の出版関連事業などを行う合弁会社 株式会社アマナティーアイジーを設立をしました。

今回そのスペースがタカイシイギャラリーフォトグラフィー/フィルムからamana TIGPとなって初の展覧会です。第一弾は安藤忠雄。これは見に行かなくちゃいけない展覧会です。

さて、ここで安藤忠雄クイズです。さあこの写真は、それぞれどこの安藤建築でしょうか。

全問正解者はかなりの安藤忠雄通ですね。▲

新作『ANDO BOX VII』より写真作品4点、模型作品2点に加え、安藤直筆のオリジナルドローイング、2019年に発表された自身のポートフォリオ集『ANDO BOX VI』より写真作品15点の計22点の展示です。▲

17世紀に建設されたヴェネツィアの旧税関だった「プンタ・デラ・ドガーナ」(美術館)の模型▲

18世紀に建設され、21世紀初頭まで稼働していた商品取引所「ブルス・ドゥ・コメルス」(美術館)▲

歴史的建造物だったプンタ・デラ・ドガーナとブルス・ドゥ・コメルスは、どちらも安藤忠雄によってフランソワ・ピノー氏のコレクションを展示・保管する現代美術館へ生まれ変わりました。

どちらもいつか必ず訪れたい美術館ですが、今回は模型とドローイングで我慢我慢。

会期が短めなので早めの訪問をお勧めします。

また安藤忠雄建築についてはこちらにまとめてあるのでご覧ください。


<complex665>

港区六本木6-5-24 complex665   MAP

●3F Taka Ishii Gallery 

次回展覧会 レオノール・アントゥネス 「the homemaker and her domain, IV」

2022年8月6日(土) –  9月3日(土) 12:00 – 18:00  日月祝休


●2F TOMIO KOYAMA GALLERY

KOTARO NUKAGA

ニール・ホッド「Echo of Memories」

2022年7月9日(土) – 8月27日(土)  日月祝休

11:00 – 18:00

入場無料

イスラエル生まれでNYで活動するアーティストの平面の展覧会です。

クローム絵画(中央)とモノクローム絵画の展覧会▲

鏡面性を持つクローム絵画は見る角度によって表情が変わる▲

ネガティブなモチーフを描くモノクローム絵画のシリーズ▲


スポンサーリンク

YKG

関川航平、中島吏英、古橋まどか 「至るところで 心を集めよ 立っていよ」

2022年7月7日(木) – 8月6日(土)  日月祝 休

12:00 – 19:00

入場無料

壁の反射も美しい作品▲

窓際に展示さされているのは、粘土をにぎにぎしたものでしょうか。▲

ギャラリーのウィンドウの隅にも映像作品があるので見落とし注意です。▲

LONDON GALLERY

展覧会特になし

ギャラリーの内装は杉本博司。

展覧会は開催していないけれど、いつもハイセンスなウィンドウを覗くのが習慣です。▲

スポンサーリンク

●3F

オオタファインアーツ 

ギャラリーコレクション

2022年6月18日(土) − 8月6日(土)   日月祝休

11:00 – 19:00

入場無料

12人のアーティストによるグループショウです。


WAKO WORKS OF ART 

ゲルハルト・リヒター「Drawings 2018-2022 and Elbe 1957」

2022年6月11日(土) – 7月30日(土)    日月祝休  

11:00-18:00

事前予約制
入場無料

国立近代美術館で開催されている「ゲルハルト・リヒター」展が大盛況のリヒターの最新作の展示です。

1957年、若かりし頃のリヒターの版画作品▲

リヒターの最新作のドローイング▲


SCAI PIRAMIDE  

次回展覧会 至るところで 心を集めよ 立っていよ

ジェームス・リー・バイヤース、潘逸舟、佐々木健、碓井ゆい、アピチャッポン・ウィーラセタクン

2022年7月21日(木) – 9月17日(土)

●4F

TARO NASU

ライアン・ガンダー「Killing Time」

2022年7月9日(土) – 8月6日(土)  日月祝休 

11:00-19:00 

入場無料

コロナによりずっと延期になっていた東京オペラシティギャラリーでの展覧会も楽しみなライアン・ガンダーです。東京オペラシティギャラリーでの展覧会ライアン・ガンダー われらの時代のサインはこちらから

30点の新作「Login murders magic」▲

ギャラリー内4カ所に散りばめられた「Just be」も新作です。▲

2019−2020の作品(左)▲

ロボットのような作品「It’s a sign, or I am he as you are he」2022年▲とコインの作品。

スポンサーリンク

現代芸術振興財団

展覧会は特になし


GALLERY – SIGN TOKYO

マルセイユにあるUnité d’habitationのインテリア作品を中心とした新作の展示

2022年7月16日(土) 〜   

営業は不定期

窓越しから鑑賞するショーウインドーギャラリーでの展示です。

ジャン・プルーヴェ、シャルロット・ペリアン、ピエール・ジャンヌレ、ル・コルビジェ

暗くなってからの方が中がよく見えます。


Gallery MoMo 

増子 博子|中洲的な人・くまにんげんになって

2022年6月25日(土) − 7月23日(土) 会期終了   

日月祝休 12:00 〜 19:00

入場無料

港区六本木6丁目2−6 第3 サンビル2F  MAP

「中洲」と「月の輪を持つ木彫り熊」という一見何の繋がりも見えない2つのモチーフのシリーズによる個展

写真では見切れていますが、左側に映像もあります。▲

「瀧」2022年▲


文喫

企画展 vol.31 花と。展

2022年7月5日(火) − 8月7日(日)   不定休

9:00 − 20:00

入場無料

港区六本木6丁目1−20 六本木電気ビルディング 1F MAP

六本木の有料書店、文喫(ぶんきつ)で開催されているのは、第一園芸のトップフラワーデザイナー新井光史の展覧会。

文喫のエントランス(無料エリア)に夏らしいひまわりの花がいっぱいです。▲

7月20日に再訪問したらだいぶ展示内容が変わっていました。▲階段の様子

本物のひまわりなので、刻々と展示内容も変化します。▲

再訪時は、テーブルにはひまわりではなくカサブランカが▲ カサブランカの花瓶の下にはラフランス?

花びらが中央に集められたインスタレーション▲

壁面には葉っぱがいっぱい

壁面の葉っぱの色がだいぶ変色していました。▲再訪

文喫 六本木3周年特別企画展「本と空想との、出会い展」

ここは普通の本屋さんではありません。入場料を払う本屋さんです。

奥の階段から先は、有料のスペース。入場料 1,650円(税込)※土日祝は1,980円(税込)です。


スポンサーリンク

<六本木ヒルズ>

港区六本木6丁目10−1 MAP

A/Dギャラリー

HILLS ZINE MARKET ART & ZINE 2022

2022年6月24日(金) − 7月18日(月) 会期終了

12:00 〜 20:00

入場無料

ヒロ杉山氏が率いるEnlightenmentがキュレーションする「HILLS ZINE MARKET」

参加アーティスト

青山 夢、アワジトモミ、ikik、ITSUMO、岩間有希、植村啓一(DRIVE,)、岡田将充(OMD)、小川 泰、角田麻有(Enlightenment)、片寄優斗、加藤崇亮、金子 仍、カワイハルナ、木村優矢、QQQ、酒井直之、坂口隼人、SARUME、sawanoenami、スージー甘金、谷田一郎、たむらさとる、都築まゆ美、手島 領(螢光TOKYO)、中島友太(Enlightenment)、人人、沼田侑香、長谷川雅子、halulu、ヒロ杉山(Enlightenment)、颯廣瀬、マ.psd、村上 周、村松佳樹、山本恵美、吉田真由(Enlightenment)、米原康正、Ryan Chan、Leslie Kee

現在、国立新美術館で「ワニがまわる」開催中のタムラサトルの作品▲

代官山の新スペース「Lurf MUSEUM/ルーフミュージアム」での個展が控えているヒロ杉山の作品▲


森美術館

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

2022年6月29日(水) – 11月6日(日)    会期中無休

10:00-20:00  (火曜のみ17:00まで)

有料

展覧会の詳細はこちらをどうぞ▼

森美術館「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」を観に行く前に読んでおきたい情報まとめました。

スポンサーリンク

東京シティビュー 

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~

2022年7月8日(金) − 9月4日(日)   会期中無休

10:00~22:00(最終入館:21:00)

入場無料(ただし展望台入場料が必要)

六本木ヒルズの夏休み向けイベントです。

水木しげるの妖怪ワールドへどっぷり浸かって、頭も心も涼しくなりましょう。

展覧会の詳細は姉妹サイト麻布ガイドの情報をどうぞ▼

六本木ヒルズ展望台で開催中の「百鬼夜行展」。水木しげるの描く妖怪は日本人の自然観や死生観を反映したものだった


<東京ミッドタウン>

港区赤坂9丁目7−1 MAP

FUJI FILM SQUARE/フジフイルム スクエア

植田正治写真展「べス単写真帖 白い風」

2022年6月30日(木) − 9月28日(水) 会期中無休

10:00-19:00(最終日16:00まで)

入場無料

大正時代に流行った「ベスト・ポケット・コダック」という単玉レンズ付きカメラで撮影した通称「ベス単」の、独特のソフトフォーカス効果を使った写真の技法を、植田正治が改めてカラー写真で蘇らせたシリーズの展覧会です。

画面いっぱいに広がる柔らかな昭和の風景は見ていて和みます。展覧会は撮影禁止のため看板だけ▲


ISETAN SALONE/イセタンサローネ

堂本右美 Amour展

2022年6月29日(水) 〜
11:00 − 20:00
入場無料

パリ生まれの堂本右美は、父は堂本尚郎、大叔父は日本画家の堂本印象という芸術家一家で育ちました。

2020年より二度にわたりパリの版画工房「Idem Paris」にて取り組んだ未発表の石版画を中心に展示販売中です。▲

明るく軽快な堂本右美らしい版画作品です▲

スポンサーリンク

芝生広場

ミッドタウン芝生広場ではハイブランドのルイ・ヴィトンがイベントを開催しています。▼

六本木の東京ミッドタウン芝生広場で開催!LOUIS VUITTON 「SEE LV」展でルイ・ヴィトン160年の歴史を振り返る


21_21design sight

昨年実現した包まれた凱旋門プロジェクトの展覧会です。▼

アート好きにも建築好きにも刺さる!21_21 DESIGN SIGHT クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門” を観に行く前に読んでおこう!


<おまけの西麻布・東麻布>

Snow contemporary

飯沼英樹・個展「Pro File Picture」

2022年6月24日(金) – 8月6日(土)  日月火祝休

13:00 〜 19:00

入場無料

木彫でできた女性像の数々

ポーズやファッション、表情も見所の一つ。▲

荒削りな木彫にもかかわらず、生きているかのようなリアリティ▲

全身像だけではなくて胸像も▲こちらもまた個性的な女性ばかりです。


TAKE NINAGAWA

笹本晃 : 浮き沈み浮き

港区東麻布 2-12-4 信栄ビル1F MAP

NY在住のアーティストです。現在開催中のヴェネチア・ビエンナーレで展示中の「Sink or Float」とあわせた新作のインスタレーションです。

ぶら下がっているのは、「逃げたチョコ」シリーズ▲奥は「流し台で社会の縮図」

「流し台で社会の縮図」は業務用シンクに細かい穴の空いたアクリル板を組み込んで風を引き入れ、上に乗っているカタツムリの殻やスポンジが各々規則性を持ってるような持ってないような動きを永遠に繰り返しています。▲

羽のついた殻とただの殻の動きの違いが面白い▲


アクシスにあるamana TIGPで開催されている安藤忠雄「時をつなぐ建築」展▲

スポンサーリンク

 

六本木ヒルズやミッドタウンは夏休み企画に突入しています。全部まわろうとすると1日では時間が足りないかもしれません。

夏休みに何日か通って巡るのもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す