コンテンツへスキップ

軽井沢に移転した haluta karuizawaのある新スポットstill に行ってきた


<
フォローする
シェア:
記事の評価

軽井沢の中心地から車で20分ほど走った追分の国道18号沿いに新しくできたstill(シュティール)は、上田市から本社機能を移転してきたヴィンテージ家具の販売や建築設計などを手がけるhaluta(ハルタ)が運営する新スポットです。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
stillの1階にあるjord

halutaの家具のショールームだけでなく軽井沢の農園がプロデュースするおしゃれなレストラン「JORD/ヨード」や北欧家具に囲まれた空間で窯焼きのピザが食べられる「Spisa(スピサ)」、小さなカフェ「GOOD HABIT」など話題のお店が続々オープンしています。
Spisaは2023年6月末で閉店しました。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
still2階のGOOD HABIT ART&CRAFT|軽井沢ギャラリー
スポンサーリンク

still (シュティール)

上田市に本社を構えていたhalutaですが、2022年春に軽井沢の追分へ移転オープンしました。

この追分の建物は、もともと超大型のドライブインで10年以上放置されていた廃墟だった場所です。その旧ドライブイン軽井沢をhalutaが取得して、大幅にリノベーションし、本社機能が移転してきました。

以前は上田の大きな倉庫の一部で週末だけの不定期で営業していた家具のショールームもhaluta karuizawaとして一緒にこの地に移ってきました。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
2階共用部も素敵

旧ドライブイン軽井沢は、土地面積12,847㎡、建物は2階建てで延べ床面積2,700㎡と超大型です。

当時の面影を残さず大胆にリノベーションされた建物はまるで北欧に来たかのようです。

halutaが運営する複合施設「still」は、今後宿泊施設などの計画もあってどんどん発展する予定。なんと、全体が完成するにはあと5年くらいかかるんだとか。これは楽しみです。

「still」とはドイツ語で「静寂」という意味。その名の通り施設入口には「静かに」というジェスチャーのピクトグラムがありました。

というわけで複合施設と言えどもワイワイガヤガヤ大勢で、という雰囲気ではなく、大人のための大人の施設ということでしょうか。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
ドライブイン軽井沢の面影はないstillのファサード

基本情報

still

長野県北佐久郡軽井沢町追分1372−1 MAP

アクセス:公共交通機関の場合、しなの鉄道信濃追分駅または御代田駅より徒歩40分

上信越道碓氷軽井沢ICから30分または、佐久ICより15分

駐車場有

haluta tokyoと以前の上田のhalutaについてはこちらを▼

haluta karuizawa

現在、家具を扱うhalutaは東京と神戸に。また、軽井沢にはhaluta bageri(ハルタベーガリ)というパン屋さんがあります。しかし、なんといっても上田市で開業したhalutaなので、(そもそも創業者が上田市出身)上田市の隣であるここ軽井沢が本社です。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
haluta karuizawa店内

以前の倉庫は、リペア前の家具も保管されている巨大な倉庫の一部に売り物を置いて、不定期でオープンしていましたが、ここhaluta karuizawaは全てリペア済みの販売可能家具ばかりです。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
ヴィンテージ家具が勢揃い。窓の外の景色が美しい

基本情報

haluta karuizawa

営業日は主に土日 公式HP要確認

スポンサーリンク

JORD(ヨード)

ここまで車を走らせてきたのは、このお店が目的でした。軽井沢の柳沢農園がプロデュースする採りたての無農薬野菜の料理が食べられるレストランです。

halutaのパン屋さんhaluta bageri(ハルタベーガリ)の黒パン「ルブロ」の提供もしています。「ヨード」はデンマーク語で土壌の意味。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
ヘリンボーンのフローリングとグリーンの壁のインテリアがとっても素敵。

しかし、しかし、信濃追分とはいえ夏の軽井沢を舐めてました。到着した時は満席で入れず。絶対リベンジします。

行かれる方は、季節によりますが週末は特に予約必須です。

基本情報

JORD(ヨード)

11:00~15:00、18:00~22:00  火水休

スポンサーリンク

Spisa(スピサ)

閉店しまいましたがピザ屋のSpisaが健在だったころの様子です。

他は満席でもなぜかこちらのお店には誰もいませんでした。皆さんヨード一択のようです。

halutaの家具で揃えられた空間は、一瞬ピザ屋さんには見えません。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
ピザ屋さんには見えないインテリア

大きな窯が厨房の奥に見えます。これは期待大。奥のアアルトのスツール60はファブリックがミナペルホネン仕様です。▲

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
ピザ以外にジェラートやパン、食品などの販売もしています。

Yチェアでいただくナポリピッツア▲

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
有料エリアも利用してみたい

奥に見える個室は、テーブルチャージが1時間1500円の有料エリア。食事だけでなく打ち合わせやワークスペースとしても利用可能です。もちろん家具はみんなhalutaです。

基本情報

Spisa(スピサ)(閉店)

火水休 11:30~18:00(金~日・祝~20:00)

スポンサーリンク

GOOD HABIT

GOOD HABITは、もう閉業してしまった軽井沢で25年続いた紅茶とスコーンのお店コクーンティーガーデンの味を引き継いだカフェスタンドです。

とても小さなお店で座席は3席のみ。外に一つテーブル席が用意されていますが、基本的にはテイクアウトが主のカフェです。

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
店内で小さな展覧会も開催していました。

紅茶のお店なのにコーヒーを飲んでしまいました。なので残念ながら紅茶については語れません。▲

halutaが運営する軽井沢のstill(シュティール)
店内のイートインスペースは3席のみ

こちらはホットサンド2種▲ 左が片山肉店のロースハムとキャロットラペサンド、右が平飼い卵&チーズとベシャメルソースサンドです。

紅茶とスコーンが売りのお店なのにどちらもオーダーしませんでした。

スコーンはかなり硬そうな真四角で平べったい形の珍しいタイプでした。次回はチャレンジしてみたいと思います。

基本情報

GOOD HABIT

火水休 10:00-17:00

 

stillはこれからも発展していく複合施設なので、軽井沢訪問の際は立ち寄ってその進化を楽しみたいと思います。

残念ながら元ドライブインというだけあって、車以外のアクセスはかなり大変そうです。健脚の方は往復1時間半の徒歩にチャレンジ!?

いつかJORDに行ったら加筆したいと思います。いつになるかな。

あわせて行きたい軽井沢情報▼

軽井沢の吉村順三設計のカフェ

軽井沢の教会建築

軽井沢のレトロ喫茶・カフェ

軽井沢のオススメ美術館▼

スポンサーリンク
シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す