コンテンツへスキップ

原宿・表参道アート巡り22.09.30西野辰、ヨアキム・オジャネン、マーシャ・ハフィフ


記事の評価

2022年9月末に実際に訪問したギャラリーの展覧会を紹介します。

青山・表参道・原宿エリアの3つのギャラリー、nanzuka underground/ナンヅカアンダーグラウンドのヨアキム・オジャネン展、Akio Nagasawa Aoyama/アキオナガサワ 青山の西野辰「リビングルーム」、Fergus McCaffrey/ファーガス・マカフリー東京のマーシャ・ハフィフ展です。

それぞれ見応えのある展覧会です。

スポンサーリンク

NANZUKA UNDERGROUND

ヨアキム・オジャネン「We’ve danced for a while now and I’m slowly learning your steps.」

NANDUKA UNDERGROUND/ナンヅカアンダーグラウンドで現在開催されている展覧会は、スウェーデン人アーティスト Joakim Ojanen(ヨアキム・オジャネン) の日本における初個展です。

NANZUKA UNDERGROUND ヨアキム・オジャネン「We've danced for a while now and I'm slowly learning your steps.」

油彩とドーロイングの平面作品と、炻器(せっき)による立体作品による個展です。▲

NANZUKA UNDERGROUND ヨアキム・オジャネン「We've danced for a while now and I'm slowly learning your steps.」

立体も平面も動物のような人間のような、植物を擬人化したような不思議なキャラクターで溢れています。▲

NANZUKA UNDERGROUND ヨアキム・オジャネン「We've danced for a while now and I'm slowly learning your steps.」

2階の会場では、白菜のようなお花の蕾のようなキャラクターが、指揮者を前にコーラスしているようなインスタレーションが見られます。▲

NANZUKA UNDERGROUND ヨアキム・オジャネン「We've danced for a while now and I'm slowly learning your steps.」

立体の技法は炻器(せっき)で、陶器と磁器の中間のような技法です。▲

制作には即興性を重視しているということですが、その軽快さがこの作品の楽しげな空気を醸し出しているのでしょうか。

アーティストが楽しみながら作品制作する様子が目に浮かんでくる個展です。

展覧会は2会場で、中目黒の3110NZ by LDH kitchen(10/8まで)でも開催しています。

基本情報

ヨアキム・オジャネン

We’ve danced for a while now and I’m slowly learning your steps.」

2022年9月17日(土) – 10月23日(日)

11:00〜19:00

月・祝休

入場無料

NANDUKA UNDERGROUND/ナンヅカアンダーグラウンド

渋谷区神宮前3丁目30−10 MAP

 

スポンサーリンク

Akio nagasawa aoyama

西野辰 リビングルーム

べルリン、東京、熱海を拠点に活動する西野 辰(別名 西野 達)の個展です。

ギャラリーをリビングルームに見立てて描いた壁紙に覆われた空間にインスタレーションが展開されています。

Akio nagasawa aoyama 西野辰 リビングルーム

これまで「名前交換プロジェクト」として⻄野 達、大津 達、Tatsurou Bashi、Tazu Rousなど名前を多数変化させてきたが、今回の個展より⻄野 ⾠ Nischi Tatzzとして活動しています。

Akio nagasawa aoyama 西野辰 リビングルーム

西野辰は、主に屋外を発表場所としており、ギャラリーで展覧会を開催するのも今回が4回目です。

akio nagasawa aoyamaは、これまでのギャラリー空間の中で一番小さいスペースでの発表となります。

Akio nagasawa aoyama 西野辰 リビングルーム

コロナ禍で海外での展覧会の機会がなくなり、絵画制作をする時間がとれたこともあって西野辰初の絵画と小品も観ることができます。

Akio nagasawa aoyama 西野辰 リビングルーム

確かに、2020年のANOMALYでの個展の時の小品や絵画は展示されていませんでしたし、寺田倉庫の「大阪万博50周年記念展覧会」も屋外展示でした。

Akio nagasawa aoyama 西野辰 リビングルーム

屋外を舞台にしてきた西野辰にとって狭小であるギャラリースペースをリビングルームと捉えた一つのインスタレーション作品であり、西野辰らしい街灯や積みがった立体作品と共に小品や絵画作品をたっぷり堪能できる展覧会です。

基本情報

西野辰「リビングルーム」

2022年8月25日(木) – 10月29日(土)

木〜土 11:00–13:00, 14:00–19:00

日〜水・祝日休

Akio Nagasawa Aoyama/アキオナガサワ青山

港区南青山5丁目12−3 Noirビル2F MAP

 

スポンサーリンク

 ファーガス・マカフリー 東京

マーシャ・ハフィフ: Change and Continuity 1962 ‒ 1974

2018年に亡くなったアメリカ人女性アーティストの1962年から74年までの平面作品の展覧会です。

ファーガス・マカフリー 東京 マーシャ・ハフィフ: Change and Continuity 1962 ‒ 1974

60年代はローマ、70年代はNYで活動し、時代と場所によって作風が異なります。

ファーガス・マカフリー 東京 マーシャ・ハフィフ: Change and Continuity 1962 ‒ 1974

この鮮やかな色彩の平面作品は、70年代NYで制作された作品です。▲

ファーガス・マカフリー 東京 マーシャ・ハフィフ: Change and Continuity 1962 ‒ 1974

抽象的な表現がされているこちらの作品は、60年代ローマで制作された作品▲

通常鑑賞できない油彩作品も見せてもらいました。▲

作家本人は、作風が違う作品を混ぜて展示することを嫌っていたそうで、今回の個展もちゃんと時代と作風ごとに部屋が分かれて展示されています。

基本情報

マーシャ・ハフィフ: Change and Continuity 1962 ‒ 1974

2022 年 9 ⽉ 24 ⽇(⼟) ‒ 11 ⽉ 6 ⽇(⽇)

11:00 〜 19:00

月日祝休

ファーガス・マカフリー 東京

東京都港区北青山3丁目5−9 MAP

青山・表参道アート巡り▼

東京都内建築巡り<表参道1>

東京都内建築巡り<表参道2>▼

東京都内建築巡り<表参道3>▼

東京都内建築巡り<表参道4>▼

東京都内建築巡り<表参道5>▼

青山カフェ情報▼

青山紅葉情報▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

こんな記事も