コンテンツへスキップ

美術館の名作椅子の数々その4 東京都写真美術館は美術館の椅子の王道が全部ある!


<
フォローする
シェア:
記事の評価

美術館は、通常展覧会を鑑賞するために足を運ぶ場所ですが、実はそれ以外にも見どころはたくさんあるのです。

たいていの美術館は建築や内装だけでなく、実は家具にもこだわっていることが多いのです。

今回「美術館にある名作椅子の数々」その4は、東京都写真美術館です。

東京都写真美術館

恵比寿駅東口から恵比寿スカイウォークを歩いて約7分の恵比寿ガーデンプレイス内にある写真・映像に特化した東京都立の美術館です。

写真・映像の専門美術館ですから、あまり名作椅子の印象はないと思いますが、実はあるんです。

しかも、美術館で使われている椅子の王道のものばかりが揃っています。

(展覧会によって置かれている椅子の内容は変わりますので使われていない場合もあります。)

スポンサーリンク

66チェアとアアルトテーブルとスツール60

66 CHAIR/66チェアとAALTO TABLE/アアルトテーブルとstool60/スツール60は全てアルヴァ・アアルトのデザインでArtek/アルテックで販売されているロングセラー商品のLレッグシリーズです。

Artek/アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人がフィンランドで設立した家具ブランドで、日本では表参道に直営店Artek Tokyo Storeがあるのでご存知の方も多いでしょう。

66チェア・60スツールとアアルトテーブルは、Artek設立当初より販売されているLレッグシリーズの一つです。

Lレッグシリーズというのは、その名の通り強固な無垢材を直角に曲げる技術で、テーブルの天板や、スツール、椅子の座面など、家具の平らな面を垂直に支える脚に使われています。

この直角に曲げる高度な技術が、アルテックのデザインを支えていると言っても過言ではありません。

写真美術館では、Lレッグの技術が使われている66チェアとアアルトテーブルの円形(90Aテーブル天板:ブラック リノリウム)がセットで設置されています。

東京都写真美術館
2階のミュージアムショップの前にある

コロナ前は円形テーブルに66チェアが4脚置かれていました。▲このセットの方がいいですよね。

このセットは基本的にいつもここにあります。

東京都写真美術館
誰でも自由に利用できます。

コロナ禍の現在は、円形テーブルの周りに2脚の66チェアが互い違いに置かれています。▲

なんかすれ違う2人って感じで悲しげなレイアウトです。

東京都写真美術館
ミュージアムショップはすっきりとした内装デザイン。

ちなみにここのミュージアムショップNADiff BAITEN(ナディッフ バイテン)の内装設計は、大阪のクリエイティブユニットgrafによるものです。

東京都写真美術館
フィンランドデザインとイタリアデザインが並ぶ

展示室前のPCの椅子も66チェアです。▲

隣にはカッシーナ・イクスシーのエアフレームのベンチが置かれています。

東京都写真美術館
美術館にある椅子no.1かもしれないスツール60

どこの美術館にもあるアルヴァ・アアルトのスツール60ももちろんあります。▲

スツール60は、映像作品のモニター前などに置かれることが多いので、普段から館内に置いてあるわけではありません。

小型でスタッキングできる上にデザイン性にも優れているので、通常はしまっておいて、展覧会によっては出動させることが可能なとても便利なスツールです。

Artekで66 CHAIR/66チェア¥57,200

AALTO TABLE/アアルトテーブル 90Aテーブル天板ブラック リノリウム¥185,900

stool60/スツール60は¥28,600

アルテック Artek TABLE 90A テーブル 90A サイズ:Φ100cm 厚み 4cm 4本脚 バーチ材 デザイン:Alvar Aalto 天板 ブラックリノリウム 脚部 クリアラッカー仕上げ 丸テーブル 円形 ダイニング【RCP】 【smtb-KD】

価格:185,900円
(2022/9/19 21:12時点)

スポンサーリンク

AIR FRAME/エアフレーム

デヴィッド・チッパーフィールドがCassina ixc./カッシーナ・イクスシーのためにデザインしたシリーズです。

このシリーズも実は色々な美術館で目にします。

東京都写真美術館
美術館では珍しいエアフレームのソファ

都内だとこのブログでも取り上げた東京国立近代美術館でも座面がレザータイプがあります。

エントランスにあるのが、エアフレーム3001のソファです。▲

美術館で見かけるエアフレームはベンチタイプが多いのですが、ここにはソファがあります。

ソファだとよりリラックスできますね。贅沢な空間だぁ

東京都写真美術館
3階展示室前のエアフレーム

エントランスのソファと同色のエアフレーム3001ベンチです。▲

展覧会内容によって設置されてない場合があります。

東京都写真美術館
展示室内のエアフレームは座面がレザー

企画展「見るは触れる」の映像作品の前に置かれているエアフレーム3001のベンチ▲

ニュートラルで作品の邪魔をしないのでいろんな美術館で重宝されています。

どうですかこのすっきりとしたデザイン。

カッシーナ・イクスシーでエアフレーム3001 3人掛けベンチ¥237,600〜

エアフレーム3001ソファ ¥558,800〜

スポンサーリンク

HAL Tube/ハルチューブ

展示室前のアンケートが置かれたデスク前にあるのはジャスパー・モリソンデザインのハルチューブの白です。

ハルチューブはスイスの家具ブランドヴィトラ/Vitraで販売されています。

東京都写真美術館
3階展示室出口にありました。(展覧会内容によって異なります)

ジャスパー・モリソンは椅子だけでなく照明やJINZのメガネなどプロダクトデザインも数多く手がけています。

日本にも拠点を持っているので親しみがあるデザイナーです。

Vitraでハルチューブ¥36,300

Vitra(ヴィトラ) ハルチューブ(HAL Tube)クロームベース/ベーシックダークベース/アイボリーベース

価格:36,300円
(2022/9/19 21:19時点)
感想(0件)

BRONX 1010/ブロンクス1010とベンチ

展示室内の監視員さん用の椅子として使われているのが、BRONX1010です。

この椅子は日本人デザイナー川上元美のデザインによるフォールディングチェア(折り畳み椅子)で、カッシーナ・イクスシーから販売されています。

東京都写真美術館
左奥の黒い椅子がBRONX1010

フィンランドのArtekのデザイナーアアルト、イタリアブランドカッシーナ・イクスシーから出ているイギリス人デザイナーのエアフレーム、スイスブランドヴィトラから出ているイギリス人デザイナーのハルチューブなどが続きましたが、ここに来て日本人デザイナーの椅子です!

折りたたみ椅子というといわゆるパイプ椅子のイメージですが、その陳腐なイメージを覆した機能とデザインのバランスを実現したロングセラーです。

カッシーナ・イクスシーでブロンクス1010¥59,400

東京都写真美術館
2つのスツールに板を渡したようなデザインのベンチ

こちらのベンチは、スツールに板を渡してベンチにしたような面白いデザインのベンチです。

2021年春に開催された澤田知子の個展「狐の嫁入り」以来写真美術館では見かけたことがありません。

この展覧会専用だったのかな。

デザイナーを調べましたがわかりませんでした。謎デザイナーの謎ベンチです。

そもそもこのベンチ、2つのスツールと座面の板はバラバラにできるのかな?

スポンサーリンク

フロムトップ

写真美術館に併設されたミュージアムカフェの「フロムトップ」にはいろんなタイプのアンティークの椅子が使われています。

東京都写真美術館フロムトップ
カフェのみの利用も可能です。

名作椅子を巡る美術館探訪の休憩にはもってこいのインテリアのカフェですね。

スポンサーリンク

東京都写真美術館

東京都写真美術館/TOP MUSEUMは写真・映像に特化した都立美術館として1995年、恵比寿ガーデンプレイス内に開館しました。

美術館の設計は組織型設計事務所の久米設計で、施工は鹿島建設です。

2014年から2016年まで大規模改修の為休館し、2016年9月にリニューアルオープンしました。

リニューアルオープンの柿落としは杉本博司の「ロスト・ヒューマン」展で、展示室全体が一つの巨大なインスタレーション作品というこれまでの写真美術館の展覧会の印象をガラリと変える革新的な展覧会でした。

恵比寿ガーデンプレイスに開館した時から現在までの25年間でおそらく100回近く通っている美術館です。

思えば、フィオナ・タンやアピチャッポン・ウィーラセタクンはここ写真美術館が最初の出会いでした。

今後も新進気鋭の写真・映像作家の作品との出会いを期待しています。

訪問の際はもちろん椅子チェックも忘れません。

基本情報

東京都写真美術館(TOP Museum)

10:00~18:00(木・金〜20:00)月休

目黒区三田1丁目13−3 恵比寿ガーデンプレイス内 MAP

美術館の名作椅子の数々その1 東京国立近代美術館▼

 

美術館の名作椅子の数々その2 国立新美術館▼

 

美術館の名作椅子の数々その3 法隆寺宝物館▼

 

東京都写真美術館で開催されている展覧会

 

関連記事▼

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す