コンテンツへスキップ

2023年開業する渋谷、代官山エリアの著名建築家が手がけた新しい建築4選!


<
フォローする
シェア:
記事の評価

毎年たくさんの建築が竣工し、たくさんの施設が開業します。2023年開業で最も注目はなんと言っても森ビルが新しく手がける麻布台ヒルズでしょう。

そんな大規模プロジェクトもありますが、今回は、うちの近所で2023年夏、もうすぐ竣工する著名建築家の手がけた建築と、2023年にオープンしたばかりのショップと渋谷区立の施設を紹介します。

隈研吾と伊東豊雄が手がけた賃貸と分譲のレジデンス、そして、芦沢啓治が内装設計を手がけたザ・コンランショップ代官山、谷尻誠、吉田愛が主宰するサポーズデザインオフィスがリニューアルデザインを手がけた渋谷区ふれあい植物センターです。

どれも全て渋谷区内で徒歩で散歩できる範囲内にあります。

スポンサーリンク

<Forestgate Daikanyama Residence>

設計

隈研吾(隈研吾建築都市設計事務所)

植栽 SOLSO

設計隈研吾 Forestgate Daikanyama Residence 代官山アドレスの隣

設計隈研吾 Forestgate Daikanyama Residence 代官山アドレスの隣

竣工予定

2023年8月竣工予定、2023年10月入居開始予定

用途

鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上10階、地下2階

賃貸レジデンス、商業施設、オフィスの複合施設

コンセプトは「森の木箱」

設計隈研吾 Forestgate Daikanyama Residence 

設計隈研吾 Forestgate Daikanyama Residence 代官山駅のすぐ近く

代官山の駅がすぐ近くで、とっても人通りの多い八幡通りに面していて、とても目立つ場所だから大物芸能人は絶対に住まなそうな立地です。

とはいえ、オフィスや商業施設としてはアクセス抜群の立地です。

基本情報

Forestgate Daikanyama Residence


東京都渋谷区代官山町20 MAP

隈研吾建築一覧はこちらから

スポンサーリンク

<HILLPEAK TOKIWAMATSU>

設計

伊東豊雄(伊東豊雄建築設計事務所)

竣工予定

2023年8月竣工予定

設計 伊東豊雄 HILLPEAK TOKIWAMATSU 

設計 伊東豊雄 HILLPEAK TOKIWAMATSU 超高級レジデンスはすでに完売しているよう

用途

8階建で1フロア1邸の分譲レジデンス

2階以上は各住戸プライベートエレベーターらしいけれど、7基エレベーターあるってこと???

だとしたらすごい!

設計伊東豊雄 

設計 伊東豊雄 HILLPEAK TOKIWAMATSU 段々になっていてプライバシーが保てる構造

表参道、渋谷、広尾、どこの駅からも遠く、閑静な住宅街で近隣住民しか通らない道に面する立地なので、大物芸能人も住みたがりそう。

基本情報

HILLPEAK TOKIWAMATSU


渋谷区東4丁目4 MAP

伊東豊雄の建築一覧はこちらから

スポンサーリンク

<ザ・コンランショップ 代官山店>

設計

内装 芦沢啓治(芦沢啓治建築設計事務所)

オープン

2023年4月29日オープン

ザ・コンランショップ代官山

ザ・コンランショップ代官山 1階

用途

代官山のヒルサイドテラスにオープンしたザ・コンランショップの代官山店。

ザ・コンランショップ代官山

ザ・コンランショップ代官山 地下

地下スペースでは、ギャラリーとして作品の展示を行ったり、これまでのコンランショップとは違いアジアンテイストな家具を扱ったりと新しいコンランショップの展開です。

Tea Bar「聴景居(ちょうけいきょ)」

Tea Bar「聴景居(ちょうけいきょ)」

▲また、地下に日本茶専門店「櫻井焙茶研究所」の所長、櫻井真也氏が監修するTea Bar「聴景居(ちょうけいきょ)」を併設しています。

基本情報

ザ・コンランショップ 代官山店/ THE CONRAN SHOP DAIKANYAMA


11:00~18:00 / 土 11:00~19:00

水曜定休

東京都渋谷区猿楽町18−8 ヒルサイドテラスF棟 1F•B1F MAP

槇文彦設計の代官山ヒルサイドテラス▼

芦沢啓治設計のブルーボトルコーヒー▼

スポンサーリンク

<渋谷区ふれあい植物センター>

設計

SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)

リニューアルオープン

2023年7月

用途

日本一小さい植物園として渋谷区が運営していたふれあい植物センターがサポーズデザインオフィスのデザインによってリニューアルオープンしました。

以前と比較すると植物はかなり減ってしまった印象ですが、柿落としに今注目の牧野富太郎展を開催するなど、植物鑑賞以外に楽しめるように工夫されています。

リニューアル前にはなかったカフェがオープンし、センター内で水耕栽培している野菜を使ったメニューが食べられます。

(カフェを利用も入園料が必要です。)

基本情報

渋谷区ふれあい植物センター


10時~18時

月休

入園料:100円 未就学児、60歳以上の方は無料

東京都渋谷区東2丁目25−37 MAP

今年オープンする施設で最も注目のスポット▼

スポンサーリンク
シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す