東京国立博物館

概要

明治5年(1872年)に創設された日本最古の博物館です。

上野公園内でも広い面積をもち、本館、表慶館(ひょうけいかん)、東洋館、平成館それと法隆寺宝物館という大きな展示館からなっています。さらに庭園や資料館などもあるうえ、隣接する洋画家黒田清輝の作品を収蔵展示する黒田記念館も国立博物館の一部という位置付けになっています。

”博物館” ですが日本や東洋の美術作品も多く収蔵・展示され、美術展も数多く開催されています。

本記事では国立博物館本館を紹介します。表慶館東洋館それと法隆寺宝物館については各記事をご覧ください。

略称

トーハク
Tokyo National Museum


運営者

文化庁

休館日など

休館日 : 月曜日 (祝日は開館し翌平日が休館)
特別展・企画展は月曜日お休み

開館時間 : 9:30 〜17:00

観覧料

総合文化展は一般 1,000円、大学生 500円。

企画展・特別展は別料金です。

撮影

原則として撮影可能。企画展・特別展は都度確認。


住所

東京都台東区上野公園 13-9

最寄駅

JR上野駅 から 徒歩10分

日比谷線上野駅 から 徒歩15分

アクセス

駐車場 : なし。

電車 : JR上野駅公園口を出て真っ直ぐ上野公園へ。 公園内をさらに真っ直ぐ進み交番のところを右へまがりさらに真っ直ぐ行き信号を渡ると国立博物館正門です。

地下鉄上野駅からは上野公園通りへ出て「上野の森さくらテラス」からエレベーターで上野公園へ上がり、上野公園内の噴水を目指します。その先の信号を渡ると国立博物館正門です。


ミュージアムカフェ

あり。

法隆寺宝物館に「ホテルオークラ ガーデンテラス」、敷地外の黒田記念館に「上島珈琲」(チェーン店の上島珈琲)。そして東洋館1階にレストラン「ホテルオークラ ゆりの木」があります。

上島珈琲は誰でも利用可能。それ以外は総合文化展・企画展の入場者のみが利用可能です。

ショップ

あり。

本館と東洋館の1階にミュージアムショップがあり、入場者のみが利用可能です。

正門前にもミュージアムショップがあり誰でも利用可能ですが、感染症対策のため休店しています。

フロアと建物

旧本館はジョサイア・コンドルの設計で明治15年に開館していますが関東大震災で大きな被害を受け、昭和13年(1938年)に昭和天皇の即位記念に合わせて今の本館が開館しています。

和洋折衷の大日本帝国味がプンプンする外観。

中でも有名なのが大理石を使った大階段。エントランスを入るといきなり眼前に大階段が広がります。

この重厚長大な雰囲気を狙ってあの人気ドラマ「半沢直樹」でも国立博物館本館の階段が銀行の階段シーンに使われていました。

年間パス

あり。国立博物館4館の総合文化展に何度でも入場可能な「メンバーズパス」が2,500円。

公式サイト

スポンサーリンク

併せて行きたい

国際こども図書館 (安藤忠雄設計)
上野東照宮 静心所 (中村拓志設計)
東京文化会館 (前川國男設計)
旧岩崎邸
高級純喫茶 古城


スポンサーリンク
記事を評価

コメントを残す

Amazon プライム対象