コンテンツへスキップ

<
フォローする
シェア:
記事の評価

青山のみゆき通り沿い、青南小学校の前に建つにあるFROM 1st(フロム・ファーストビル)は山下和正設計によって1975年に竣工した。まだ、その頃は現在隣に立つ安藤忠雄設計のラ・コレッツィオーネもなかった。ラ・コレッツィオーネが建つ14年も前の話だから、ラ・コレッツィオーネどころかこの通りには何もなかった時代だ。

しかし、今現在はどうだろうか。みゆき通りにはヘルツォーグ&ド・ムーロン設計のプラダ青山やMIUMIUをはじめとして、世界の名だたる建築家が手がけた錚々たる建物が立ち並ぶ目抜き通りとして変貌を遂げた。今や流行の最先端を担う場所のひとつだ。

現在、みゆき通りがこのような場所になったきっかけを作ったのが、フロムファーストビルの存在だ。計画段階ではこんな辺鄙な場所にと揶揄されたらしいが、なんであっても”一番初め”というのはそういうものだ。

フロム・ファーストをプロデュースしたのが、浜野安宏だ。浜野は、デザインプロデューサー、ライフスタイルプロデューサーを名乗っている。最近は映画監督や探検家なども加わり、その活動範囲は広がっているようだ。

浜野は、FROM 1stだけでなく、DIY文化の普及に貢献したあの東急ハンズや、クラマタ階段で有名なデザイン発信基地六本木AXISと雑誌『AXIS』、そして日本有数の観光名所となった渋谷交差点の風景形成にも寄与しているというから驚く。言わば、街の流行を作った人と言えるだろう。

ゆえにFROM 1stと浜野が現在の青山という街に決定的な影響を与えたと言っても過言ではないだろう。

設計は浜野のプロデュースによって山下和正が担当した。

山下和正は店舗、オフィス、住宅が一体となった環境を創り上げる際、住み心地の良さを重視した設計に取り組んだ。

ヒューマンスケールに合わせた広々とした空間には、小さな広場や回廊、吹き抜け、階段が緻密に配置されており、複雑さと全体の見通しを両立させているのだ。

一見迷路のようにも見えるこの建築は一筋縄ではいかない魅力に溢れており、人々が建物内に自然と誘われるようなデザインになっている。一度や二度の訪問では全貌を掴めない入り組んだ動線は、建築そのものがひとつの小さな街であるかのような仕上がりだ。

したがって、大吹き抜け空間や何ヶ所もある階段は不思議な魅力に溢れている。ブリックで包まれた空間には温かみがあり、陽の光と影が絶妙に交差して気持ちが良い。

毎回新鮮な気持ちで、まるで都市の路地裏を散策するかのように階段を上り下りしたり、回遊したりしている。

シェア:
同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す