東京のミュージアムカフェ特集 その3(丸の内・京橋・清澄白河)

東京都内にある美術館に併設されたミュージアムカフェ特集その3は、歴史的建築のカフェ、三菱一号館美術館と元ブリジストン美術館が2019年に生まれ変わったアーティゾン美術館、そして2軒のカフェがあるMOTこと東京都現代美術館のカフェを特集します。今回特集するミュージアムカフェは全てカフェのみの利用が可能です。


三菱一号館美術館

丸の内にある三菱一号館美術館の建物は、ジョサイア・コンドル設計で1894年に竣工し、元々は三菱合資会社の銀行部などが入っていた建物です。1968年に老朽化のため解体後、2010年に当時の資料を元に忠実に復元されたのが現在の美術館です。

三菱一号館美術館

 

常に格式の高い展覧会を開催している美術館です。先日まであの曜変天目を含んだ国宝12点を惜しげもなく展示した「三菱の至宝展」が好評を博したばかりです。

Cafe 1894

ジョサイア・コンドル設計の歴史的建造物を当時のまま忠実に再現した建物内にあるミュージアムカフェです。天井が高く開放的で、他に類を見ない荘厳な大空間なので、いつも大人気です。週末ともなるとカフェ待ちの行列ができてい流ことも珍しくありません。

Cafe 1894

外観だけでなく内部も当時の設計を復元しています。▼

Cafe 1894

見てください。この天井高!贅沢ですね。

重厚な建築の三菱一号館美術館で質の高い美術品を鑑賞したら、その気分のままコーヒーブレイクができるカフェです。▼

Cafe 1894

こちらはアップルパイです。歴史的建造物の中でいただくスイーツは格別です。▼

Cafe 1894

カフェとしてだけでなく、三菱一号館美術館の展覧会とのコラボメニューのランチがあったり、通常のランチメニューも勿論あります。

日常を忘れる非現実的な空間で贅沢な時間を過ごしてみませんか。

 

基本情報

三菱一号館美術館 Cafe 1894

カフェのみの利用可能

11:00-18:00  不定休

千代田区丸の内2丁目6−2 MAP

最寄駅:JR東京駅徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線東京駅(地下道直結)徒歩6分、JR有楽町駅徒歩6分、東京メトロ有楽町線有楽町駅(D3/D5出口)徒歩6分、東京メトロ千代田線二重橋前駅徒歩3分、都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分、

*営業時間、定休日は変更になる可能性があります。


アーティゾン美術館

1952年に開館したブリヂストン美術館が、2019年にアーティゾン美術館として新しくオープンしました。アーティゾンとは、Artとhorizonをミックスした造語で、美術館名を横文字にしたのは今後の国際性を視野に入れてだそうです。さすが、名字の「石橋」を「ブリジストン」にしてしまった会社だけに美術館名も一筋縄ではいきません。

アーティゾン美術館

美術館内の吹き抜け大空間が圧巻です。▼

アーティゾン美術館

 

ミュージアムカフェ

カフェは美術館に入館しなくても利用可能です。大抵のミュージアムカフェは美術館が展示替えで休館中はお休みですが、ここのミュージアムカフェは美術館が展示替え期間中でも営業しています。

ここのカフェも吹き抜けの大空間にあります。▼

アーティゾン美術館

カフェの入り口です。奥に細長いカフェです。床、壁のテラゾーが美しいです。▼

アーティゾン美術館

これはカフェの奥側から入り口を見たところです。▼

アーティゾン美術館

美術館は常に企画展と収蔵品展と複数の展覧会を同時開催しています。

たっぷりと上質な石橋コレクションを堪能したら、ちょっとゆっくりとお茶をいただきたいという気持ちに最大限答えてくれるミュージアムカフェです。

ランチタイムとカフェタイムは予約もできるのが嬉しいですね。▼

アーティゾン美術館

 

基本情報

アーティゾン美術館 ミュージアムカフェ

カフェのみの利用可能

10:00~18:00 展覧会会期中(2021.10/2ー2022.1/10)美術館に準ずる

モーニング/10:00~11:30、ランチ/11:30~14:00、カフェ/14:00~18:00

中央区京橋1丁目7−2 MAP

最寄駅:JR東京駅(八重洲中央口)、東京メトロ銀座線・京橋駅(6番、7番出口)、東京メトロ・銀座線/東西線/都営浅草線・日本橋駅(B1出口)から徒歩5分

*営業時間、定休日は変更になる可能性があります。


東京都現代美術館

清澄白河にある東京都現代美術館には2つのカフェがあります。一つはカフェ&ラウンジ「2階のサンドイッチ」で、その名の通りサンドイッチなどの軽食とドリンクのカフェです。

もう一つはファミリーレストラン「100本のスプーン」で、ランチやスイーツなど豊富なメニューがいただけます。

東京都現代美術館

 

どちらも運営は、最近アーティスト活動もされている遠山正道氏が代表取締役社長の株式会社スマイルズです。

スマイルズと言えばなんと言っても会社発足のきっかけとなったスープストックトーキョー(現在は会社分割して別会社)が有名ですが、他にも豊島の檸檬ホテル(現在休業中)や京都のPASS THE BATONなど個性的な事業を多数展開していることで有名です。

東京都現代美術館

遠山正道さんと言えば2019年スタートしたアプリ「Art Sticker」を出しているThe Chain Museumの代表取締役社長でもあります。本当に多才な方ですね。

2階のサンドイッチ

その名の通り2階にあるカフェです。円筒形の建物の形状そのままに席が円弧を描いて配置されています。テーブルもラウンドしています。▼

東京都現代美術館

サンドイッチはスイーツ系のフルーツサンドや軽食系のバゲットサンドなど種類が豊富です。▼

東京都現代美術館

 

美術館ではたいてい3つの企画展と常設展(コレクション展)を開催しているので、全てを鑑賞すると1日がかりです。そんな時展覧会と展覧会の合間にサッと喉の渇きを癒し、お腹を満たしてくれる強い味方です。

基本情報

2階のサンドイッチ  カフェのみの利用可能

10:00-18:00 月休 美術館の休館日に準ずる *営業時間、定休日は変更になる可能性があります。

江東区三好4丁目1−1美術館2階 MAP

100本のスプーン

「しっかり食事がしたい」「しっかり休憩したい」という方は地下にあるこちらへ。食事からスイーツまでレストランメニューが揃っています。▼東京都現代美術館

店内は広く、ソファ席、テーブル席、などいろんなタイプの席があります。

ファミリレストランを謳っていることもあって、週末のランチタイムは、お隣の木場公園に遊びに来ている家族連れなどの利用も多く、待ち時間が発生することもしばしばです。▼

東京都現代美術館

清澄白河界隈は最近いろいろなカフェがたくさんできていますが、展覧会と展覧会の間に外に出るのはさすがに面倒なので、ランチで利用することが多いです。▼

東京都現代美術館

スマイルズのお店ですから、ファミリーレストランとは言えお洒落度高いです。▼

東京都現代美術館

展覧会鑑賞は脳を使うので甘味は必要です。▼

東京都現代美術館

これは窓際のソファ席からの眺めです。▼

東京都現代美術館

 

100本のスプーンは東京都現代美術館以外に二子玉川、あざみ野、立川、豊洲など4店舗あります。

私は他店は行ったことがないので、比較はできないのですが、東京都現代美術館の100本のスプーンは、ファミリーレストランというだけあって大人にも子供にも優しいお店です。

基本情報

100本のスプーン  レストランのみの利用可能

11:00−18:00  月休 美術館の休館日に準ずる *営業時間、定休日は変更になる可能性があります。

江東区三好4丁目1−1美術館地下 MAP

最寄駅:東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口徒歩9分、都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口徒歩13分、東京メトロ東西線木場駅3出口徒歩15分、都営地下鉄新宿線菊川駅A4出口徒歩15分、または都営バスで東京都現代美術館前下車

東京のミュージアムカフェ特集その1とその2は▼

東京のミュージアムカフェ特集 その1(目黒・恵比寿・六本木)

東京のミュージアムカフェ特集 その2(青山・広尾)

関連記事

コメントを残す